昭和時代、白浜温泉で最大級のホテルだった白浜御苑の昔 ユーカイリゾート

   


和歌山県一の温泉リゾート地の南紀白浜温泉は、

日本三古湯(白浜、有馬、道後)の三大温泉地に数えられるお湯処で

今でもたくさんのホテルや旅館が立ち並んでいるが

その中のホテル、白浜御苑は昭和40年代

客室総数170室 内貴賓室1室 特別室2室の総収容人員750名

宴会場は300帖 150帖 80帖 70帖の大中4室の宴会場に

すべて舞台付きの小宴会場8室

大原始温泉、豪華大理石大温泉、大自然露天風呂、洞窟温泉、みかん風呂など

12箇所の浴場総数に

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

ナイトラウンジ「ブルードルフィン」、展望朝食ルーム、

大娯楽室、映画館、プールなどの屋内外設備に

観光バス30台、乗用車70台の御苑モータープールを備える

白浜温泉で最大級のホテルだった

昭和40年代のパンフレット、塔の看板が昭和レトロを感じる

移り変わる四季の花の中、緑の中、自然を味わいながら散歩が楽しめる裏山庭園

そして1番の魅力は白浜で一番大きい大自然が自慢の温泉の原始大温泉

ここは混浴だったのかな?演出なのかな?男女が入っている

女性の化粧も昭和40年代っぽい

大自然露天風呂、ここも男女が入っている

いずれにしても巨大な作りだ、この時代のホテルはやることがでかかった

ナイトラウンジ「ブルードルフィン」白浜唯一とある、当時は他に無かったのだろうか

200名収容で 楽団・歌手 2回公演 ヌードショウ1回公演 入場無料

内装の雰囲気や作りがいかにも70年代っぽい

大娯楽室、いわゆるゲームセンター、もう今では見られ無いゲームが見られる

パンフレットには写真の約5倍の広さがありますと書いてある

スポンサード リンク

売店も写真で見る限りかなり大きいようだ

オーシャンビューの客室

300畳敷の大宴会場

25メートルの6コースのプール、女性の水着のデザインが時代を感じる

1998年の紹介では客室が100室になっていたが

滝の落ちる翠竜園がロビー正面に迫ると書いてある

そんな白浜御苑も時代の流れで1時閉鎖され廃墟となったが

湯快リゾートに買い取られ湯快リゾート白浜御苑として生まれ変わった

現在は白浜温泉の南紀白浜温泉 湯めぐり札 1,800円(税込)

http://www.shirahama-ryokan.jp/yumeguri/index.html

で15の施設が入れ白浜御苑もそれで入れるので入ってみた

色は変わっているが建物は当時のままのようだ

スポンサード リンク

〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町 1011
電話: 0570-550-078

https://yukai-r.jp/shirahamagyoen/

楽しみだった昔のパンフレットにあった大きな原始大温泉や洞窟温泉などは無く

大浴場と露天風呂はやや大きな岩を敷き詰めた大自然とも言えないものだったが

びっくりする程の広さは無くまあ普通の物だった

休憩室はかなり大きく色んな物があった

ロビーの裏にある庭が裏山庭園かな

まあ全体的に広く豪華さは残されているようだ

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は電気を使わない 天然サンゴ、コーラルサンド21を含む業界初の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円(定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

 - 昭和レトロ 和歌山, 昭和レトロなホテル 旅館