昭和に置き去られた商店街 大阪市東淀川区 稲荷商店街 小松商店街

   


大阪市東淀川区にある商店街、大きな字で稲荷商店街と書いてある

阪急沿線上新庄駅近くにあり、

大阪市の中心部の南北を結ぶ内環状線という通り沿いにある

上新庄駅はこの内環状線を挟んで南口と北口があり

こちらは北口の方で内環状線は交通量も多く自転車など通りがかりで入りやすい

が南口の商店街の方は結構人も車も多いのにこちらの稲荷商店街を入ってみると

50メートル程の長さだがかなりの店舗が引き締めあってるものの

入り口の和菓子屋や飲食店以外は営業している気配は無い

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

入り口を振り返る、前の内環状線はたくさんの車が走る

入り口看板にお買い物は稲荷商店街でと書いてあるものの

開いてる店が無いとなると

さらに天井のビニール屋根は裂け落ちてもはや雨風を防ぐ事も無い

横の入口のテントも年季を感じる

手書きの釣具店や食料品店などを見ると廃業してかなり経つのかも

まあこのテントが破れてなければ昼間でも暗い道になったかも

文具店、飲食店など

スポンサード リンク

靴屋さんなど最盛期は地元住民で賑わったのか

現在は時折自転車が単なる道として走って行く姿のみになる

買い物のために立ち止まる必要が無い程、まさにシャッター通りだ

反対側の入口、このまま時の歴史物として時を刻んで行くのか

その稲荷商店街を抜けるとすぐにあるのが大きな通りの小松商店街

こちらは広い通りで屋根も無いので明るく賑わっているように見えるが

決して人は多くない、人がいても暇そうに客を待って話す店の人達が目立つ

旧い店が多く看板も昭和レトロな物が残っている

新しい看板もチラチラ見かけるし暖簾なども出て

一見賑わっているように見える

中央にかつては市場があったようだ

こちらの小松商店街の方はまだまだ半数程は頑張ってる商店があった

商店街の中にラブホテルかなと思ったが、

これは銭湯の看板だったので入ってみた

昭和レトロな商店街の中にある銭湯 大阪市東淀川区 ゆーとも小松

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は電気を使わない 天然サンゴ、コーラルサンド21を含む業界初の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円(定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

 - 昭和レトロ 大阪, 昭和レトロな商店街