70年代 流行 昭和時代

昭和の高度成長期に庶民の夢だった家庭用のユニットのお風呂 ほくさんバスオール

投稿日:2019年7月8日 更新日:


大阪府吹田市にある吹田市立博物館へ

ここには以前、テレビ朝日の探偵ナイトスクープという番組で

で紹介された昭和時代の高度経済成長期

まだ家庭にお風呂が無い家が多かった時代に

家でお風呂に入れるように販売された

家庭用のお風呂「ほくさんバスオール」という物が展示されている

これが探偵ナイトスクープで紹介された簡易型ユニットバス

「ほくさんスタンウェウルバス」で昭和38年(1963年)発売開始

これがほくさんバスオールの最初期型で

水素パワーで自己免疫を付けいつでも健康体に、食べる水素サプリメント、 サンゴ水素スティックは水素体内持続時間が驚異の53時間、 この証明は島津製作所グループの (株)島津テクノリサーチ社の調査データーです ビタミンCの含有量が世界一のカムカム配合 天然ビタミンCは果汁100gあたり、約3,000mg アセロラの約2倍レモンの約60倍のビタミンC ポリフェノールもたっぷり含まれて抗酸化作用を持つスーパーフルーツです

詳細はサンゴ水素スティックのページへ

 

日本における家庭用ユニットバスの先駆けのようだ

この昭和30~40年頃は家庭にお風呂がある家は少なく

たくさんの公衆浴場、いわゆる銭湯がたくさんあり

家にお風呂の無い家庭は皆銭湯に通っていた

だがやはり好きな時に入れる家庭のお風呂は庶民の夢だった

自分の家にもお風呂は無く毎日銭湯通いだった

まあ当時銭湯は近所の人達の夜の社交場で

銭湯で近所の人らと1日の出来事やプロレス、プロ野球、

テレビの話題など語りあったり近所の人の近況などもわかったりして

それなりにいい場所だったのだが

やはり寒い冬など通うのも面倒だし家族だと銭湯代もばかにならない

ということで後からユニットごと家に設置出来るお風呂が発売された

ガス湯沸かし器、シャワー、浴槽などがセットになっていて

価格は当時の給料の1ヶ月分を目安に設定されていた

この初期モデルは当時の狭い団地などスペースにこだわったのか

浴槽は1つでその上に頑丈な蓋に乗り

身体を洗いまた浴槽に浸かるというものだった

今の時代から考えると凄い面倒な発想だが

それでも皆、そこまでして家でお風呂に入りたかったのか

ただ当時は廃水処理やガス漏れなども問題もあったようだ

探偵ナイトスクープの中では依頼者はこのお風呂に入りたいと頼んで

入らせてもらってたが

末期がん治療の専門医も絶賛し推奨するパワートロンDX! 病気の改善や自己免疫力は付けるにはまずは第一にするべきは 年々蓄積された体内の老廃物、有害物質など毒素を出しきる事から
マイナスイオン・遠赤外線・トロンは水にも油にもよく溶け、
トロン風呂による入浴が、入浴そのものの作用だけでなく、
 
空気中に発散するトロンガスと共に吸い込む事が出来ます
 
吸入されたトロンガスは肺から心臓、そして身体中の血液に溶け込み
 
全身を巡って改善作用をもたらせます
がん、糖尿病、脳疾患、リュウマチ、生活習慣病でお悩みの方へ、 症状の改善が期待できます 日本成人病予防協会推奨品

詳細はパワートロンDXのページへ

 
スポンサード リンク

1番手前にあるのが昭和42年(1967年)発売の

やっと浴槽と洗い場が別れたお風呂らしい作りをした物で

まさに自分の家の中に来たお風呂がこれで自分はこれが見たかった

確か中古を安く譲ってもらったと思う、家にあったのは扉が中折式だった

ただこれでも家に来た昭和50年頃はもう古いタイプで

他の何軒かの近所の人が先に買っていた物よりかなり狭く

大人1人浸かるのがやっとだった

ただそれでも当時住んでいた平屋の市営住宅はお風呂の無い家が多く

近所の人がもらい風呂に入りに来る人が多かった

他の新しい物より蛇口がシャワーしか無く温度調節も難しかったし

排水口も見えなく隙間から流れる

がいつでも入れるお風呂は本当に便利だった

確か913号の大きさとか言ってたかな、一回り大きな物は915号とか

当時の千里ニュータウンの団地生活の様子も再現されている

吹田市立博物館(すいたしりつはくぶつかん)は、

スポンサード リンク

大阪府吹田市にある博物館。

考古、歴史、民俗、美術工芸等に関する資料を収集し、

保管し、及び展示して市民の利用に供し、

その教育、学術及び文化の発展に寄与することを目的として、

吹田市教育委員会地域教育部文化財保護課が運営する。

1992年(平成4年)11月15日に開館した。

大阪府吹田市の紫金山(しきんざん)公園内にある。

ウィキペディアより

〒564-0001

吹田市岸部北4丁目10番1号

TEL:06-6338-5500 FAX:06-6338-9886

入場料200円

JR「岸辺駅」より徒歩20分

無料駐車場44台

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は パナジウム、ガイアストーン、トルマリン、龍蘭石などの高価な 天然石を含む業界初の10層構造で電気を使用しないので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 10年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)で経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

 
スポンサード リンク

-70年代 流行, 昭和時代

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1970年代、昭和時代にたくさんあったユースホステル 淡路ユースホステルに宿泊

1970年代に週刊少年キングという漫画雑誌に連載されていた 荘司としおさん作のサイクル野郎という漫画は 高校受験に失敗した少年が自転車で日本一周をする物語だ そのサイクル野郎の中で当時は旅をするお金の …

意外、大ヒットしたのにオリコン1位になれず2位止まりだった昭和の名曲 70年代

先日テレビでやっていた オリコン1位ヒット曲スペシャル オリコンチャートで1位になった曲を歴代で紹介するものだったが その中で残念ながらあれだけ大ヒットしたはずなのに 1位になれなかった、2位止まりだ …

懐かしい昭和時代の記録媒体、カセットテープ SONY 日立ローディー 日立マクセル編

現在40歳以上で昭和50年代以前生まれの方々の 子供の頃や学生時代の音楽などの記録媒体といえば (といっても当時はこういう表現もなかったが)カセットテープだろう 7~80年当時のレコード屋(これも死語 …

音楽の甲子園、ヤマハリゾートつま恋のポプコン会場跡地へ

静岡県のヤマハリゾートつま恋で スーパーカーブーム時代のスーパーカーが集まるオフ会があり見学へ行くのだが ↓ http://minkara.carview.co.jp/society/classics …

昭和40年代は時代遅れでかっこ悪いと思ったスバル360

2011年5月に岡山県玉野市で たまの港フェスティバルというイベントに行ったら 昭和30~50年代くらいの旧車が並べられていて その中に懐かしい車が展示されていた 自分が生まれて最初に覚えてる家の車だ …