昭和の高度成長期に庶民の夢だった家庭用のユニットのお風呂 ほくさんバスオール

   


大阪府吹田市にある吹田市立博物館へ

ここには以前探偵ナイトスクープで紹介された昭和の高度成長期

まだ家庭にお風呂が無い時代に家でお風呂に入れるように

販売された「ほくさんバスオール」という物が展示されている

これが探偵ナイトスクープで紹介された簡易型ユニットバス

「ほくさんスタンウェウルバス」で昭和38年(1963年)発売開始

これがほくさんバスオールの最初期型で

日本における家庭用ユニットバスの先駆けのようだ

この昭和30~40年頃は家庭にお風呂がある家は少なく

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

たくさんの公衆浴場、いわゆる銭湯がたくさんあり

家にお風呂の無い家庭は皆銭湯に通っていた

だがやはり好きな時に入れる家庭のお風呂は庶民の夢だった

自分の家にもお風呂は無く毎日銭湯通いだった

まあ当時銭湯は近所の人達の夜の社交場で

そこで近所の人らと1日の出来事やプロレス、プロ野球、

テレビの話題など語りあったりして

それなりにいい場所だったのだが

やはり寒い冬など通うのも面倒だし家族だと銭湯代もばかにならない

ということで後からユニットごと入れられるお風呂が発売された

ガス湯沸かし器、シャワー、浴槽などがセットになっていて

価格は当時の給料の1ヶ月分を目安に設定されていた

この初期モデルは当時の狭い団地などスペースにこだわったのか

浴槽は1つでその上に頑丈な蓋に乗り

身体を洗いまた浴槽に浸かるというものだった

今の時代から考えると凄い面倒な発想だが

それでも皆、家でお風呂に入りたかったのか

ただ当時は廃水処理やガス漏れなども問題もあったようだ

探偵ナイトスクープの中では依頼者はこのお風呂に入りたいと頼んで

入らせてもらってたが

スポンサード リンク

1番手前にあるのが昭和42年(1967年)発売の

やっと浴槽と洗い場が別れたお風呂らしい作りをした物で

まさに自分の家の中に来たお風呂がこれで自分はこれが見たかった

確か中古を安く譲ってもらったと思う、家にあったのは扉が中折式だった

ただこれでも家に来た昭和50年頃はもう古いタイプで

他の何軒かの近所の人が先に買っていた物よりかなり狭かく

大人1人浸かるのがやっとだった

ただそれでも当時住んでいた平屋の市営住宅はお風呂の無い家が多く

近所の人がもらい風呂に入りに来る人が多かった

他の新しい物より蛇口がシャワーしか無く温度調節も難しかったし

排水口も見えなく隙間から流れる

がいつでも入れるお風呂は本当に便利だった

確か913号の大きさとか言ってたかな一回り大きな物は915号とか

当時の千里ニュータウンの団地生活の様子も再現されている

吹田市立博物館(すいたしりつはくぶつかん)は、

大阪府吹田市にある博物館。

考古、歴史、民俗、美術工芸等に関する資料を収集し、

スポンサード リンク

保管し、及び展示して市民の利用に供し、

その教育、学術及び文化の発展に寄与することを目的として、

吹田市教育委員会地域教育部文化財保護課が運営する。

1992年(平成4年)11月15日に開館した。

大阪府吹田市の紫金山(しきんざん)公園内にある。

ウィキペディアより

〒564-0001
吹田市岸部北4丁目10番1号
TEL:06-6338-5500 FAX:06-6338-9886

入場料200円

JR「岸辺駅」より徒歩20分
無料駐車場44台

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は電気を使わない 天然サンゴ、コーラルサンド21を含む業界初の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円(定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

 - 70年代 流行, 昭和時代