昭和レトロ 和歌山

減っていく日帰り温泉施設、和歌山県の2大温泉地、那智勝浦温泉、川湯温泉 

投稿日:2019年7月12日 更新日:


和歌山県の那智勝浦は白浜温泉と同じく和歌山県の2大温泉地なので

当然昔からたくさんのホテルや旅館が立ち並んでいた

2011年に那智勝浦に行った時には那智勝浦湯巡り手形があって

半年期限で料金1300円で加入している15軒の中の

休暇村南紀勝浦、蓬莱乃湯、丹敷の湯、陽いずる紅の宿勝浦観光ホテル、

勝浦シティプラザリゾートホテル、サンかつうら、かつうら御苑、

天然温泉公衆浴場はまゆ、ホテル浦島、ホテル中の島、湯川温泉 桜湯

四季の郷温泉水、源泉旅館 もみじや、熊野の宿 梛、

花いろどりの宿 花遊の中の

水素パワーで自己免疫を付けいつでも健康体に、食べる水素サプリメント、 サンゴ水素スティックは水素体内持続時間が驚異の53時間、 この証明は島津製作所グループの (株)島津テクノリサーチ社の調査データーです ビタミンCの含有量が世界一のカムカム配合 天然ビタミンCは果汁100gあたり、約3,000mg アセロラの約2倍レモンの約60倍のビタミンC ポリフェノールもたっぷり含まれて抗酸化作用を持つスーパーフルーツです

詳細はサンゴ水素スティックのページへ

 

3件のホテルや温泉施設の温泉に入れた

那智勝浦温泉だけでなく湯川温泉や太地くじら温泉も含まれていた

ただ同じ入るなら小さな公衆浴場などより大きな施設のホテルの方が得なので

無料の船で行く中の島ホテルや巨大ホテルでここも船で行くホテル浦島などが

いつも来てたら行っていた

それらを含む近辺の日帰り温泉施設や足湯も入れた

28箇所の温泉施設が2011年時には載っていた

が、そのうち湯川温泉桜湯はすでに閉鎖されたので27箇所だった

2019年の正月に来てみると那智勝浦湯巡り手形が無くなり

温泉むすめ南紀勝浦 樹紀という名のアニメキャラの絵に変わり

南紀勝浦温泉湯巡りチケットに名称変更し

オゾン発生器 リアージュ OZONE eーAIRは e-AIR採用の低温プラズマ発生体は 従来使用されていたオゾン発生体と比べ、耐久性が高くかつ 環境に左右されない安定したオゾン発生を可能にした新技術です 日本・米国・中国で特許取得済み 脱臭・除菌・メンテナンスフリー・コンパクト設計 バス会社やパチンコ店などにも採用が増えているようです 詳細はオゾン発生器 リアージュのページへ
スポンサード リンク

1,000円と値下げされたが小さな公衆浴場や温泉宿は廃止され

休暇村南紀勝浦、湯快リゾート越乃湯、ホテル浦島、かつうら御苑

ホテルなぎさや、花いろどりの宿 花遊、丹敷の湯

大型ホテル7箇所の内の2箇所が入れるように変更された

どっちにしろ同じ料金なら施設の充実した大きなホテルの方が得なので

より公平に近くなったようだ

それにホテルなぎさと大正12年創業で、昭和天皇も2度にわたり宿泊したという

由緒あるホテル越の湯が加わったのは良かったが

越の湯名物の船で行くらくだの湯は2012年に閉鎖された上

2018年の火事で休館中になってしまった

もうひとつ船で行く中の島もリニューアルの為外された

もう復活は無いと思ったがかなり施設が縮小されて復活したが

以前のように船で日帰り温泉のみでは行けないようだ

絶景温泉 関西 船で行く和歌山の海に浮かぶ昭和の香り漂う中の島ホテル 勝浦温泉

2019年の正月も結局、船で行く巨大ホテル浦島に行った

まあホテル浦島だけでも1000円以上の価値があるから

それにしてもこのホテル浦島から帰る時自分1人でも

船で送迎してくれたが採算が合うか心配だった

船で行く温泉はなかなか快適だったが

しかし、2019年6月にはそのホテル浦島も4月からリニューアルに付き

日帰り入浴や宿泊客以外は行けなくなってしまった

結局、今回は以前は船で行けた中の島、ホテル浦島は行けず船に乗れなかった

2011年時には28箇所あった日帰り入浴施設は(足湯も含む)

現在は21箇所になってしまった

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

スポンサード リンク
マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は パナジウム、ガイアストーン、トルマリン、龍蘭石などの高価な 天然石を含む業界初の10層構造で電気を使用しないので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 10年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)で経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

 
スポンサード リンク

-昭和レトロ 和歌山

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

荒廃が進むすさみ温泉ホテルシーパレス、 和歌山県 周参見

和歌山県周参見町の岸壁に立つすさみ温泉のホテルシーパレスは 南国リゾートホテルのようで海の見える温泉は 日帰り温泉も500円で出来て2009年4月に入って気にいっていたが 台風被害でもう廃墟になってし …

主を失った和歌山、七洋園の現在 

和歌山市和歌の浦の泊まれる廃墟ホテルとして 最近マニアの間で話題を浴びつつあり 2016年に自分も宿泊した昭和レトロなホテル七洋園 和歌山の和歌の浦にある廃墟と噂される七洋園に泊まってみた しかし先日 …

昭和レトロが残る白浜駅前ビル 和歌山県

日本有数の温泉観光地の和歌山県の白浜温泉 去年通りすがりで見た白浜駅前が昭和レトロっぽくてじっくり見に来た 現在の白浜駅 (1970年代の白浜駅) 白浜駅自体は何度か改装されているのか綺麗で今はそう違 …

和歌山の通行止めで廃道になった大川峠を自転車で走ってみた

和歌山県の通行止めで廃道になった加太の大川峠へ 大川峠というのはかつて大阪から加太に行く途中にあった峠で かつては走り屋やライダー達のメッカで たくさんのライダーが峠を攻めに来てたり ドリフト族なども …

和歌山の和歌の浦にある廃墟と噂される七洋園に泊まってみた

以前からクチコミやホテルの感想などで 廃墟では無いかと噂されている和歌山市和歌の浦の七洋園についに宿泊が実現した 廃墟と噂されるホテル、和歌山七洋園は現役ホテルなのか?寂れゆく和歌の浦 ホテル七洋園は …