80年代に出現したパラダイス、グリーンピア南紀

      2019/07/14


1986年4月4日那智勝浦町に作られた巨大な施設グリーンピア南紀

後に年金の無駄使いと問題視された悪名高き施設だが

自分は丁度この時期和歌山に仕事で行っていて

新しい観光施設ということで

出来たばかりのこのグリーンピア南紀を見に来て

パンフレットを持って帰ったのが残っていた

確かに巨大な施設で回るのに時間が掛かった

丘に大きな芝生帯が広がっていたのを思い出す

開業1ヶ月程だったがその日は中学生や子供で一杯だった

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

チラシには新しいリゾート・パラダイス出現、

スポーツOK!遊びOK!温泉OK!

泊まって遊んで、ここで誰もが主人公とある

まさにこのグリーンピア南紀は湯川駅と太地駅の中間に

110万坪もある広大で海を望む丘の上に広がる

温泉からスポーツ施設まで揃う一大リゾートランドだ

1986年当時の料金表を見ると

入園料は宿泊者以外は大人300円小人150円

オフシーズンは200円、100円

駐車場は大型バス500円 乗用車200円 単車100円

開園時間は8時~17時

ホテルは和室、洋室で全室オーシャンビュー

テニスコート、ゲートボール、プール、野球場の料金表

多目的グラウンドは通常は無料のようだ

キャンプ場、ホテル、温泉センター、野球場、ゴルフ場

実に様々な施設が点在し遊歩道で結ばれた園内は

1年中花や緑が絶えることは無かった

広い園内には自然探訪モノレールがあり

終点のバイコロジーハウスではゴーカートが楽しめた

スポンサード リンク

大芝生広場、生け垣迷路、パターゴルフ、ミニゴルフ

グラススキー、ロールスキーも楽しめた

テニスコート横には吊り橋やくじらの実物大模型もあった

ホテルに隣接された温泉センターは

大きなガラス張りの窓の外には海が見え

大浴場、泡風呂、高温浴風呂、水風呂、寝湯、打たせ湯、サウナなど

後に海の見える露天風呂も新設された

こんな巨大リゾート施設、グリーンピア南紀も

他の全国各地にあったグリーンピア施設と同じく

経営破綻し2003年3月に閉鎖され17年で歴史に幕を閉じた

スポンサード リンク

1986年当時の地図と

2018年のグーグルマップ、残骸は残っているようだ

122億円の公的年金を掛けて建設されたようだが

1986年当時は後に問題となる年金無駄使いなど

まだ年金問題など全く国民には知られていなかったので

逆に知らぬが仏で将来の不安も無く平和に暮らしていた

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21は電気を使わない 天然サンゴ、コーラルサンド21を含む業界初の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 還元水に磁気水、天然アルカリ性を生成し ミネラルバランスがとても身体に優しい浄水器です 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

 - 昭和レトロ 和歌山, 昭和時代