昭和レトロ 和歌山 昭和レトロな店

寂れた観光地の昭和レトロな商店街の中華そば屋が意外にも猛虎の地だった

投稿日:2019年7月19日 更新日:


和歌山県の那智勝浦町、

勝浦漁港は生マグロの水揚げが全国有数であったり

白浜温泉と並ぶ有名温泉の観光地だが

その紀伊勝浦駅前にある昔ながらの昭和レトロな商店街は

土曜日というのに人が少ない

アーケードは薄暗く静かなシャッターの閉まっている店が多い

那智勝浦に来たらいつも鮪を食べるのだが

いつも気になっていた

そのアーケードのあるいざかた通り商店街の

昭和レトロな喫茶店「七」に行ってみた

昭和レトロな喫茶 七 海辺の町の昭和な商店街の中に 和歌山県那智勝浦町

その後はすぐ並びにあるこれも昔ながらの中華料理屋があり

こういう地元に密着した中華料理屋も入ってみたくなり入ってみた

手打ち中華そば「こころ」

和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地3-3-15
0735-52-1729

営業時間 11:00~20:00 定休日 火曜

土曜日の12時過ぎというのにお客が一人も入っていないので

地元民の客だけで気楽にやってるのだろうと

手打ちラーメンが売りのようだが

いかにも昭和レトロな店内

末期がんの専門医も治療の一翼を担う働きがあると推奨する パワートロンDXでの入浴によるデトックス(解毒)作用は マイナスイオン・遠赤外線ラドンの作用と ぶくぶく出る気泡の攪拌作用により毛穴の皮脂腺から 通常では排出されない年々体内に蓄積された 老廃物、有害物質を外から出す作用です それはスポーツやサウナなどで出る汗では出せない物でした がん、糖尿病、脳疾患、生活習慣病でお悩みの方へ、症状の改善が期待できます 日本成人病予防協会推奨品

詳しくは商品紹介ページへ

 
スポンサード リンク

まあそれでも意外に綺麗

手打ちラーメンも気になったが550円の焼きそばを頼んだ

壁のメニュー板も昭和、年配の夫婦の経営のようだ

しかし鄙びた中華屋だと思ってたが

この店、新聞の切り抜き記事が飾ってあって、猛虎の地とされ

かつては阪神タイガースの選手の集まり店だったようで

岡田彰布選手や掛布雅之選手など有名選手達の

プライベート写真やサインがたくさん飾っていた

勝浦温泉に入った後に食べに来てたようだ

古い写真が多いので今はもう来てないかもしれないが

こんな小さな見せにかつては阪神タイガースの有名選手が多く訪れていたようだ

まあこのアットホーム的な所が気に入られたのかもしれない

焼きそばも美味しかった

阪神タイガースファンならここの店主と昔の選手の話で盛り上がるかもしれない

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

スポンサード リンク

-昭和レトロ 和歌山, 昭和レトロな店

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

昭和40年代の古い地図から紀伊半島白浜までの42号線にあった全盛期のドライブイン時代 廃墟 紀南パレス跡地の現在 ブラックビル

家から出てきた昭和40年代の頃の地図、 その昭和40年代当時の和歌山県の紀伊半島の42号線の道の様子や ドライブインなどが載っていて、現在とどうかわっているのか 実際に走ってみた まずは和歌山県の海南 …

国道42号線の沿いの廃墟と昭和レトロな店巡り 和歌山県

和歌山県の日の岬に行くのに国道42号線で行く途中 和歌山の地元の知人から聞いた42号線沿いにある ドライブインなどの廃墟を見てみる 昔は海南湯浅自動車道や高速が無かった頃は 和歌山を南下するにはこの4 …

生石高原の麓の昭和な店 寄って小屋 和歌山県有田

和歌山県の有田川町の生石高原の麓の 184号線沿いに昭和な物があるというので行ってみた 途中から結構な酷道になってきた ようやく麓の開けた道に 廃墟かな 少しメルヘンチックな建物だが、営業はしてないよ …

寂れた昭和時代の観光地 和歌山県 日の岬パークの現在 

和歌山県日高の日ノ岬パーク ここは70年代の子供の頃近所の人達と車数台に乗り合わせて 日の岬パークにある国民宿舎日の岬に泊まりで来た事があり その様子は昔の8ミリ映写機に収められていて見た事があるのだ …

主を失った和歌山、七洋園の現在 

和歌山市和歌の浦の泊まれる廃墟ホテルとして 最近マニアの間で話題を浴びつつあり 2016年に自分も宿泊した昭和レトロなホテル七洋園 和歌山の和歌の浦にある廃墟と噂される七洋園に泊まってみた しかし先日 …




[instagram-feed]