昭和レトロ 石川 昭和レトロな温泉

80年代に高級和風数奇屋造りとしてオープンしたホテルはし本天翔閣も廃墟、その後湯快リゾートあわづグランドホテル別館で復活

投稿日:


1985年12月、雪の舞う粟津温泉に添乗員のアルバイトで来て泊まった

ホテルはし本天翔閣

その2ヶ月前の1985年10月10日に

高級和風数奇屋造りのホテルとして絢爛お披露目したばかりのホテルだった

その時に持って帰って来たパンフレットが2つ残っていた

(一つはもうボロボロだったが)

あざやかに翔いてご披露いたしますうるわしき思い出の宿と書かれ

水素パワーで自己免疫を付けいつでも健康体に、食べる水素サプリメント、 サンゴ水素スティックは水素体内持続時間が驚異の53時間、 この証明は島津製作所グループの (株)島津テクノリサーチ社の調査データーです ビタミンCの含有量が世界一のカムカム配合 天然ビタミンCは果汁100gあたり、約3,000mg アセロラの約2倍レモンの約60倍のビタミンC ポリフェノールもたっぷり含まれて抗酸化作用を持つスーパーフルーツです

詳細はサンゴ水素スティックのページへ

 

クラブ・ダンスホールや100名様収容可能なコンベンションホール

こちらのパンフレットはまだお披露目前なのか館内設備がイラストになっている

そしてもうひとつの同じく1985年のパンフレットは

建物も館内設備も写真で載っている

調べるとこのホテルはし本天翔閣は1945(昭和20)年に「はし本」として創業、

その後「ホテルはし本」となった後、

1979(昭和54)年11月10日に第二新館「大極殿」を開設

そしてパンフレットに載ってるように1985年10月10日に

ホテルはし本天翔閣」としてオープンしたようだ

1985年と言えばバブル時代の前、これから日本の景気が良くなり

粟津温泉にもたくさんの人がやってくると考えてのリニューアルオープンだったか

1985年当時のアルバイトでも毎日のように加賀温泉郷である

粟津温泉、山代温泉、山中温泉、片山津温泉、そして芦原温泉と

バスツアーが走り忙しかった

フロント、ゲームコーナー、売店といかにも昭和な豪華ホテルの内装だ

玄関から望む広いロビー、この着物の女性はどちらにも載っている

庭園を望むエレベーターホール

当時はおっしょべ太鼓で迎えていたのか、

昭和時代らしい、ややアダルトなムードのショータイム

昔の温泉地はやや怪しげな場所も備えていた(*^^*)

しかしそんな粟津温泉の玄関口にある高級ホテルのひとつだった

ホテルはし本天翔閣も他の有名温泉地と同じく不景気、旅行者の減少の煽りで

2001年9月に突然廃業し地元民を驚かせた

長く廃墟状態が続いたがなんとか2006年11月に湯快リゾートに買い取られ

近くにある湯快リゾートあわづグランドホテルの別館として復活した

昭和の時代から関西から北陸はかなり遠いと感じていたので

長らく北陸、粟津温泉にも行けなかったが

2010年頃から週末の高速割引なので来ていたが

粟津温泉の日帰り温泉は粟津温泉総湯しか無いと思ってたが

末期がん治療の専門医も絶賛し推奨するパワートロンDX! 病気の改善や自己免疫力は付けるにはまずは第一にするべきは 年々蓄積された体内の老廃物、有害物質など毒素を出しきる事から
マイナスイオン・遠赤外線・トロンは水にも油にもよく溶け、
トロン風呂による入浴が、入浴そのものの作用だけでなく、
 
空気中に発散するトロンガスと共に吸い込む事が出来ます
 
吸入されたトロンガスは肺から心臓、そして身体中の血液に溶け込み
 
全身を巡って改善作用をもたらせます
がん、糖尿病、脳疾患、リュウマチ、生活習慣病でお悩みの方へ、 症状の改善が期待できます 日本成人病予防協会推奨品

詳細はパワートロンDXのページへ

 
スポンサード リンク

2017年に湯快リゾートあわづグランドホテルがワンコインの500円で

日帰り温泉が出来ると昇りが出ていたので入ってみた

本当は元ホテルはし本天翔閣の湯快リゾートあわづグランドホテル別館の方に

スポンサード リンク

入りたかったがここは書かれていなかったので

しかし後でホームページを見るとここも500円で日帰り温泉が出来ると見て

2019年7月に来た、8月から湯快リゾートは週末の日帰り温泉が

今の倍の料金の1000円になるのでなんとか500円で入れる

所在地: 〒923-0326 石川県小松市粟津町35
電話: 0570-550-078

前の道が狭く建物も大きいのでひとつの画面に入りきれない

上の看板の天翔閣という文字は消されているが

建物は同じだ

駐車場は観光バス10台、乗用車250台とかなり大きい

ここが玄関、そして35年振りに館内へ

もちろん雪が積もって降っていたという以外は全く覚えていない

フロント・ロビーを見る、豪華さは健在

ここが庭園を望むエレベーターホールか

売店

ゲームコーナーは当然ながら新しい

そして1階奥の温泉へ、前に石垣の庭園の飾りがある

1985年のパンフレットに載ってる温泉

ほぼ同じ形だが現在は奥の浴槽がガラスで仕切れられ、

庭園側が開放され露天風呂扱いになっていた

粟津温泉は白山開山の祖として知られる泰澄大師が

約1300年前に発見した北陸最古の名湯だが温泉観光地としては寂れ

廃業したホテルや廃墟も多い

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は パナジウム、ガイアストーン、トルマリン、龍蘭石などの高価な 天然石を含む業界初の10層構造で電気を使用しないので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 10年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)で経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

 
スポンサード リンク

-昭和レトロ 石川, 昭和レトロな温泉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

昭和34年開業の歴史ある昭和レトロな北白川ラジウム温泉 京都

前に京都市左京区北白川の北白川ラジウム温泉に向かったが それらしき建物が2軒並んでいてどちらかわからず 案内されるまま行くと隣の不動温泉だった 昭和な歴史ある北白川ラジウム温泉に行くはずが昭和な雰囲気 …

廃線の恋路駅、見附島 1970年代の週刊少年キングの漫画、サイクル野郎のロケ地を訪ねて   

石川県の能登半島に行った時に 漫画サイクル野郎に出てきた場所を訪問する サイクル野郎とは1970年代に週刊少年キングに連載されてた 荘司としおさんの作、サイクル野郎のホームページ http://www …

和倉温泉で昭和探索 石川県七尾市 和倉温泉総湯

石川県七尾市の和倉温泉へ 能登半島で最大の温泉地として発展している 目の前に波穏やかな七尾湾が広がる昔からよく聞く有名な温泉地だ まずは和倉昭和博物館とおもちゃ館を見学 和倉昭和博物館とおもちゃ館は綺 …

昭和レトロな十津川温泉郷の公衆浴場に行くも改装されていた 十津川温泉三湯巡り 星の湯 滝の湯、泉湯、庵の湯 

奈良県の十津川村は南端にあり面積が奈良県の20%を占める 全国でも屈指の大きな村でそのほとんどが山村 古くは遠都川、または十津川郷と言われ 南北朝や明治維新など歴史の舞台となった 山間の渓谷には秘湯フ …

和倉昭和博物館とおもちゃ館は綺麗な昭和のグッズが一杯の博物館 石川県七尾市

石川県七尾市の和倉温泉へ ここも昔から有名な温泉地のひとつで能登半島最大の温泉地だ この和倉温泉にも昭和な博物館があるというので 和倉昭和博物館へ 〒926-0175 石川県七尾市和倉町9−20-1 …