昭和レトロ 石川 昭和レトロな温泉

80年代に高級和風数奇屋造りとしてオープンしたホテルはし本天翔閣も廃墟、その後湯快リゾートあわづグランドホテル別館で復活

投稿日:


1985年12月、雪の舞う粟津温泉に添乗員のアルバイトで来て泊まった

ホテルはし本天翔閣

その2ヶ月前の1985年10月10日に

高級和風数奇屋造りのホテルとして絢爛お披露目したばかりのホテルだった

その時に持って帰って来たパンフレットが2つ残っていた

(一つはもうボロボロだったが)

あざやかに翔いてご披露いたしますうるわしき思い出の宿と書かれ

クラブ・ダンスホールや100名様収容可能なコンベンションホール

こちらのパンフレットはまだお披露目前なのか館内設備がイラストになっている

そしてもうひとつの同じく1985年のパンフレットは

建物も館内設備も写真で載っている

調べるとこのホテルはし本天翔閣は1945(昭和20)年に「はし本」として創業、

その後「ホテルはし本」となった後、

1979(昭和54)年11月10日に第二新館「大極殿」を開設

そしてパンフレットに載ってるように1985年10月10日に

ホテルはし本天翔閣」としてオープンしたようだ

1985年と言えばバブル時代の前、これから日本の景気が良くなり

粟津温泉にもたくさんの人がやってくると考えてのリニューアルオープンだったか

1985年当時のアルバイトでも毎日のように加賀温泉郷である

粟津温泉、山代温泉、山中温泉、片山津温泉、そして芦原温泉と

バスツアーが走り忙しかった

フロント、ゲームコーナー、売店といかにも昭和な豪華ホテルの内装だ

玄関から望む広いロビー、この着物の女性はどちらにも載っている

庭園を望むエレベーターホール

当時はおっしょべ太鼓で迎えていたのか、

昭和時代らしい、ややアダルトなムードのショータイム

昔の温泉地はやや怪しげな場所も備えていた(*^^*)

しかしそんな粟津温泉の玄関口にある高級ホテルのひとつだった

ホテルはし本天翔閣も他の有名温泉地と同じく不景気、旅行者の減少の煽りで

2001年9月に突然廃業し地元民を驚かせた

長く廃墟状態が続いたがなんとか2006年11月に湯快リゾートに買い取られ

近くにある湯快リゾートあわづグランドホテルの別館として復活した

昭和の時代から関西から北陸はかなり遠いと感じていたので

長らく北陸、粟津温泉にも行けなかったが

2010年頃から週末の高速割引なので来ていたが

粟津温泉の日帰り温泉は粟津温泉総湯しか無いと思ってたが

末期がんの専門医も治療の一翼を担う働きがあると推奨する パワートロンDXでの入浴によるデトックス(解毒)作用は マイナスイオン・遠赤外線ラドンの作用と ぶくぶく出る気泡の攪拌作用により毛穴の皮脂腺から 通常では排出されない年々体内に蓄積された 老廃物、有害物質を外から出す作用です それはスポーツやサウナなどで出る汗では出せない物でした がん、糖尿病、脳疾患、生活習慣病でお悩みの方へ、症状の改善が期待できます 日本成人病予防協会推奨品

詳しくは商品紹介ページへ

 
スポンサード リンク

2017年に湯快リゾートあわづグランドホテルがワンコインの500円で

日帰り温泉が出来ると昇りが出ていたので入ってみた

本当は元ホテルはし本天翔閣の湯快リゾートあわづグランドホテル別館の方に

スポンサード リンク

入りたかったがここは書かれていなかったので

しかし後でホームページを見るとここも500円で日帰り温泉が出来ると見て

2019年7月に来た、8月から湯快リゾートは週末の日帰り温泉が

今の倍の料金の1000円になるのでなんとか500円で入れる

所在地: 〒923-0326 石川県小松市粟津町35
電話: 0570-550-078

前の道が狭く建物も大きいのでひとつの画面に入りきれない

上の看板の天翔閣という文字は消されているが

建物は同じだ

駐車場は観光バス10台、乗用車250台とかなり大きい

ここが玄関、そして35年振りに館内へ

もちろん雪が積もって降っていたという以外は全く覚えていない

フロント・ロビーを見る、豪華さは健在

ここが庭園を望むエレベーターホールか

売店

ゲームコーナーは当然ながら新しい

そして1階奥の温泉へ、前に石垣の庭園の飾りがある

1985年のパンフレットに載ってる温泉

ほぼ同じ形だが現在は奥の浴槽がガラスで仕切れられ、

庭園側が開放され露天風呂扱いになっていた

粟津温泉は白山開山の祖として知られる泰澄大師が

約1300年前に発見した北陸最古の名湯だが温泉観光地としては寂れ

廃業したホテルや廃墟も多い

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
スポンサード リンク

-昭和レトロ 石川, 昭和レトロな温泉

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

寂れた観光地、片山津温泉の巨大廃墟ホテルも更地に 昭和レトロなお土産デパート

石川県加賀市の片山津温泉へ 1日に七たび色を帰るという柴山潟(しばやまがた)のほとりに広がる 情緒豊かな湯の町、晴れた日には湖面の向こうに雄大な白山の姿が見られる 美しい自然と北前船ゆかりの文化財が残 …

昭和の高度経済成長時代の象徴のような超広大な大浴場の定山渓ホテル 北海道

北海道 札幌に行った時に定山渓温泉へ行ってみた ネットで調べると定山渓温泉は数件のホテルで日帰り入浴が出来るようだ 大体入浴料は1000円~1500円なので 880円と1番安く日帰り温泉が出来る定山渓 …

昭和な歴史ある北白川ラジウム温泉に行くはずが昭和な雰囲気の不動温泉へ 京都

京都市左京区北白川にある歴史ある 昭和レトロな感じの北白川ラジウム温泉に行ってみた 昭和34年に比叡山ドライブウェイが開通した翌年に 出来た歴史ある温泉なので昭和レトロな感じだろうか 大文字の北麓の白 …

昭和レトロが残る銭湯(旧)片山津温泉総湯 石川県加賀市

2010年に石川県に行った時に加賀温泉郷をめぐりをし 粟津温泉総湯、山代温泉総湯、山中温泉と回ったが 片山津温泉だけ遅くなって行けなかったので 2011年は片山津温泉へ行ってみた 片山津温泉は加賀温泉 …

氷見市比美町商店街は人がいない寂しい昭和レトロな商店街 忍者ハットリくんのまんがロード 

1000円高速終了の最終週末に北陸道の最終まで行って 富山県の氷見漁港へ お寿司屋さんや海鮮料理の鮮魚の仕入先としてよく聞く地名だ 氷見市場 がん、糖尿病、脳疾患、生活習慣病でお悩みの方へ、驚きの解毒 …




[instagram-feed]