昭和レトロ 和歌山 昭和レトロなホテル 旅館

和歌山の和歌の浦にある廃墟と噂される七洋園に泊まってみた

投稿日:2016年12月21日 更新日:


以前からクチコミやホテルの感想などで

廃墟と言われている和歌山の七洋園についに宿泊が実現した

廃墟と噂されるホテル、和歌山七洋園は現役ホテルなのか?寂れゆく和歌の浦

和歌山市の海辺の和歌の浦というとこにある

所在地: 〒641-0062 和歌山県和歌山市雑賀崎416
電話: 073-444-1181

以前昼食や日帰り入浴で来たホテル太公望の隣だ

ただホテル太公望は数年前廃業してしまった

外観はもう5年前でも同じ感じだ

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

ジュースの自販機と送迎用のバスが無いくらいか

隣の建物は少し離れているがここのものみたいだ

本館かな

ついに中へ潜入、一応自動ドアだった

ロビーには乱雑に物が置かれているが去年来た知人によると

これでも以前よりは片付いてるとのこと

確かにレトロなゲーム機も数台ある

確かにレトロしている

ご主人は気さくに話しかけてくれ、黒潮市場やマリーナシティなどの

近隣の観光地のパンフレットや割引券をくれた

気になる薄暗い地下に岩の庭園のような物が

さらに下へ降りると

これ以上は怖いな(^_^;)

海が遠くに見える

夕暮れになってレトロなネオンが灯る

ホテルの横には雑賀崎台場という丘みたいな物がある

少し下ると夕日が綺麗に見える駐車場がある

その先にも双子島荘と潮風荘というホテル?が2件あり

こちらは海に近いという事もあって固定ファンがいるのか立派に営業中だ

この双子島荘は1度優雅に泊まってみたいな

和歌の浦は景色はとても綺麗だ

七洋園は以外に駐車場は大きい、前と横にある上のサイトでは20台とある

数台止まっているのは多分近隣の住民に貸しているのだろう

スポンサード リンク

(パンフレットより)

かつてはこの水槽に活きのいい魚が泳いでたんだろうな

昔のパンフレットでは海鮮料理が写っているが現在は食事の提供は無い

一応海辺の観光ホテルだったからかつては料理人が居たのだろうな

食事が無いので後で皆で車で食事に行った

ご主人に聞くと何件か教えてもらったが麓の和歌山ラーメンに行った

(パンフレットより)

土産物のコーナーでショーケースにたくさん見本が並んでいるが

もう売り物では無くなっているお菓子や人形、郷土品などが

部屋は2階で階段で上がって行く、エレベーターは無いだろうな

2階のホールにある卓球台、レトロなテーブルゲーム機も2台

薄暗く暗い廊下、BGM音楽も流れず静かだ

各扉にクラブの後に数字が書かれている

上のサイトでは18室の部屋があると書いてあるが

部屋はこの2階の10室程しかないように見えるが

今日の泊まりは我々4人のみ

1人1部屋でも泊まれたが少し怖いので1部屋4人で

意外に部屋は思ったよりかは綺麗でまともだった、畳は新しいし

液晶テレビもあるしエアコンも新しい物だ

湯原温泉の旅館の方がもっとひどかった

ただあそこは歓楽地だし従業員や客も多かったから賑やかな雰囲気だったが

ここは静かなのでやや不気味な雰囲気が少し嫌な感じにさせるのか

まあふすまは汚れ放題だし

布団は少しシミのようなものがあったけど畳は綺麗だった

部屋の風呂、タイル張り

各部屋にレトロなテーブルテレビゲームがおかれているらしい

和歌山市の夜景が見える

マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は 天然サンゴ、コーラルサンド21、天然石を含む業界初の10層構造で 電気を使用しないので災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円 (定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

古い暖房器具、新しいエアコンがあったので使われていない

ジュース専用の古い冷蔵庫はカビがあったので使えないんだろう

風呂は2つの浴槽だが向こう側は水風呂だった

奥にはもうひとつあるようで前回友人が入ったのは奥の方で

(パンフレットより)

今日は閉鎖されていたが向こうの方が海が見えて景色は良さそうだ

我々4人のためだけに風呂を夕方から沸かしているのは採算は合わないか

入浴時間は23時までで朝風呂は無いようだ

ヒゲソリは販売機は電気を使ってない手動式なので今でも使えるみたいだ

朝、2階の廊下からの景色

雑賀崎の景色は素晴らしい

外窓の隙間は新聞紙や木で塞がれている

すぐ外は山深い斜面なのでここから虫が来そうだな

(パンフレットより)

スポンサード リンク

そしてチェックアウトの時が来た

牛乳ケース、これもレトロなものだな

かつては奥さんとやっていたようだが今はどうもご主人1人のようだ

小さな旅館では無くそこそこ広い館内なので掃除が行き届かないのは仕方ないか

よくご主人1人で営業できてるなって感じだ

まあでも十分楽しめたしまた泊まってみたいかな

我々のように事前情報がありそれを目的として来ているなら

楽しめるだろうが普通の家族が旅行で来て普通のホテルだろうと思って

来たなら外観を見ただけでも帰りたくなるだろう

こんな部屋で泊まりたくないと思うかも

現にそういう口コミが多数投稿されていた

img_3020

タオルには住吉橋 七津とも書かれていた

ブラクリ丁に関連店があったようだ

隣のホテル太公望は

廃墟のような和歌の浦七洋園の隣の昭和レトロなホテル太公望 紀州備長風呂

2年前に廃業してしまって本当の廃墟状態だが

また再開するらしいようで工事が始まってた

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

スポンサード リンク

-昭和レトロ 和歌山, 昭和レトロなホテル 旅館

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

昭和の高度経済成長時代に出来たロープウェイの中の空中温泉 有田観光ホテル

和歌山県有田市宮崎町の矢櫃海岸にそびえ建つようにある 有田観光ホテルは 昭和40年代の高度経済成長時代の開業の最大の売り物は ロープウェイの中に浴槽があり 海を見ながら空中に浮かびながら温泉に入れる …

昭和時代、白浜温泉で最大級のホテルだった白浜御苑の昔 ユーカイリゾート

和歌山県一の温泉リゾート地の南紀白浜温泉は、 日本三古湯(白浜、有馬、道後)の三大温泉地に数えられるお湯処で 今でもたくさんのホテルや旅館が立ち並んでいるが その中のホテル、白浜御苑は昭和40年代 客 …

1980年代に出現した巨大パラダイス、グリーンピア南紀も廃墟に 和歌山県那智勝浦町

1986年4月4日に和歌山県の那智勝浦町に作られた 巨大な施設グリーンピア南紀 後に年金の無駄使いと問題視された悪名高き施設だが 自分は丁度この時期に和歌山県の那智勝浦町に仕事で行っていて 新しい観光 …

絶景温泉 関西 船で行く和歌山の海に浮かぶ昭和の香り漂う中の島ホテル 勝浦温泉

マグロの水揚げ高日本一と言われる海の温泉町 和歌山県那智勝浦町にある南紀勝浦の温泉 那智勝浦には日帰り温泉施設がいっぱいあるが 1300円で湯巡り手形を買えば 連盟に加入している十数か所のうち3つが入 …

昭和な温泉街 龍神温泉 和歌山 日帰り温泉 龍神温泉元湯 

ごまさんスカイタワーに行く前に せっかく龍神を通るので昔からずっと行ってみたかった 龍神温泉へ寄り道 ここを曲がる 橋を渡り