大阪市此花区の安治川トンネル、80年代に地元の友人から聞いた都市伝説?

   


大阪市此花区の大阪環状線JR西九条駅駅の

昭和レトロな商店街を見て

昭和レトロな商店街 西九条駅 80年代と変わって静かな商店街になった 大阪市此花区

JR西九条駅から200メートル程行くと安治川という川に突き当たる

安治川の前にある建物、これは安治川トンネルという川底トンネルで

かつてここには源兵衛の渡し船があり、

地元の住人の源兵衛さんが櫓を漕いで渡し、村人達の大事な交通手段だった

それが明治25年に公共の渡し船として整備されたらしい

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

昭和時代になって安治川に橋を架ける計画が出来たが

ここは地盤が弱く橋の重さに耐えられない事がわかり

さらに内港化に伴って安治川筋をはじめ、尻無川、木津川河口には大型船も出入りし始め

橋を架ける事が出来なくなりそこで河底トンネルという手段が取られた

但しかなりの難工事のため完成まで10年かかり

ようやく昭和19年に長さ80メートルの河底トンネルが開通した

エレベータで河底まで降りてトンネルで安治川を渡り

向こう岸のエレベーターで再び地上へ出る

なお、反対側はキララ九条通り側の渡し船

昭和レトロな商店街 大阪市西区 キララ九条商店街 出口には渡し船跡地

スポンサード リンク

当初は車もエレベータに載せ渡っていたらしく

現在は廃止されているが左側の大きな扉が車用だった

現在は車は橋が掛かり自転車と歩行者のみだ、

自分の町にはそんな物が無いし今まで見た事が無いから

1980年代半ばに当時これを地元の同級生から

見せられ聞かされた時は珍しく思った

それと同時に同級生からよく聞かされたのは

このエレベータは深夜は使えず階段になるが

当時、地元では誰もこの階段を使わないそうだ、というのは

この階段で以前、兄弟同士の殺し合いがあったそうで

それ以来幽霊が出る心霊スポットになったそうで

自分にとっては西九条駅の商店街より80年代の記憶として残っている

まあ今から思えば都市伝説のようなものかもしれないが

これも昭和っぽい建物

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21は電気を使わない 天然サンゴ、コーラルサンド21を含む業界初の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 還元水に磁気水、天然アルカリ性を生成し ミネラルバランスがとても身体に優しい浄水器です 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

 - 昭和レトロ 大阪