70年代 流行 昭和 音楽 昭和レトロな商品 グッズ

昭和レトロ 1970年代のラックに入ったオーディオセット テクニクス製 

投稿日:2020年2月24日 更新日:


知人の遺品整理の手伝いに行った時に

そこの50歳代の息子さんがいらいないと言ってもらってきた

昭和の1979年から1981年頃のテクニクス製のオーディオセット

1980年頃は丁度自分が音楽に興味を持ち始めた頃で

今から見ればかなり大きなオーディオだが

当時は大きい事はいいことだが流行りで

こんな木製ガラスのオーディオラックに入った大きな

コンポーネントステレオをいつかはいい家を建てて

応接間に置くのをイメージするのを憧れた

自分はまだ中学生だったので

1970年代当時でも20万円以上するオーディーセットなど

とても買えないからお金持ちの同級生の応接間に置いてある物を

聞かせてもらったり録音してもらったり

せいぜい安物のモノラルラジカセを

テープに録音して楽しむくらいだったから

こんな大きなオーディオセットにとても欲しく憧れた

まあ当時うちの家にも新し物好きな母が買った

大きな木製の古い日立エジンバラというステレオはあったが

カセットデッキが無く録音はできなかったし

当時はかなり時代遅れな物だった

ネットで調べると

アンプはTechnics SU-V7 ¥64,800(1980年発売)

80W+80W(4Ω、0.007%)

80W+80W(8Ω、0.003%)

カセットデッキはTechnics RS-M240X ¥59,800(1981年頃)

メタルテープ対応でノイズリダクションには米国社のdbxで

当時のテクニクスが搭載していた

それまでのドルビーbよりもクリアな音質だったようだ

東芝はアドレスという技術で1980年当時同級生が持っていた

レベルメーターは針でこの頃はデジタルのメータも出てきていた頃だが

こもモデルはやや古い形式の針製だ

車でもデジタルメーターが出てきた頃だが

この揺れる針にもメカ的でいいし見やすい

スピーカーはTechnics SB-1970 ¥25,800(1台×2、1979年頃)

低域には25cmのコーン型ウーファー、中域には12cmコーン型ミッドレンジ、

高域にホーン型トゥイーターを採用した3ウェイスピーカーシステムで

末期がん治療の専門医も絶賛し推奨するパワートロンDX! 病気の改善や自己免疫力は付けるにはまずは第一にするべきは 年々蓄積された体内の老廃物、有害物質など毒素を出しきる事から パワートロンDXの入浴によりマイナスイオン・遠赤外線ラドンと ぶくぶく出る気泡の攪拌作用により毛穴の皮脂腺から 通常では排出されない老廃物、有害物質を外に出す 驚異のデトックス(毒出し)作用効果があります それはスポーツやサウナなどで出る汗では出せない物でした がん、糖尿病、脳疾患、リュウマチ、生活習慣病でお悩みの方へ、 症状の改善が期待できます 日本成人病予防協会推奨品

詳細はパワートロンDXのページへ

 
スポンサード リンク

かなり低音が出るが残念ながら低音コーンが割れている

チューナはTechnics ST-S5 ¥44,800(1979年頃)

レコードプレーヤ Technics SL-3200 ¥34800(1978年頃)

しかしどうも針が無いようだ

合計すると30万円くらいだが

オーディオラックも3~4万円はしたと思うので

全部で35万円くらいか

大学の初任が10万円以下だから当時としはかなりの額だ

しかし現地で実際見るとかなり大きなオーディオで

2階から一人で下ろすのも大変で

持って帰っても置くとこが無いのに気づいたが

まあ一応持って帰って鳴らないまでも光って動くのを見てみたかったので

繋いでみた

スポンサード リンク

動いた、久々に電源の入ったオーディオは綺麗でワクワクする

手持ちの1985年のカセットテープを掛けて


当時は憧れだったな、揺れる針のレベルメーターをしばらく眺めた

スピーカーは残念ながら一応音は出るものの低音コーンは割れていて

アンプも音量調整もうまくいかない

まあ高音は出るしラウドネスもあるので結構音はいいが

でもやっぱり置くとこが無いので倉庫にしまう事に

やはりこんな大きな物は豪邸にでも住まないと

無用の長物となってしまう(^_^;)

これ以降の1980年代後半からは小さなミニコンポが出てきて

流行って行くのだが

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は 天然石を含む業界初の10層構造で電気を使用しない浄水器なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円 (定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

 
スポンサード リンク

-70年代 流行, 昭和 音楽, 昭和レトロな商品 グッズ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

懐かしい昭和時代の記録媒体、カセットテープ SONY 日立ローディー 日立マクセル編

現在40歳以上で昭和50年代以前生まれの方々の 子供の頃や学生時代の音楽などの記録媒体といえば (といっても当時はこういう表現もなかったが)カセットテープだろう 7~80年当時のレコード屋(これも死語 …

コロナウィルスのステイホームの整理で出てきた昭和時代のLPレコードの予約特典のポスター 田村英里子の半ケツカレンダー

コロナウィルス感染でステイホームで片づけの時間も増え 押入れの奥まで整理していると 1983年当時流行った?記憶がある2つ折りの紙袋が出てきた SEIKOファンクラブと書いてあるが 松田聖子の事だろう …

70年代から憧れの昭和の豪華ホテル、伊東温泉 ハトヤホテルでハトマン饅頭を 

2009年に静岡県伊東市に来た時には玄関まで行ったが 時間が遅く中に入れなかった伊東温泉 ハトヤホテル 70年代、子供の頃からの憧れの伊東温泉ハトヤホテル・サンハトヤへ 海底温泉  子供頃、昭和50年 …

昭和の特撮ヒーロー、ウルトラセブン展へ  昭和レトロなアイテムも展示

ウルトラセブン展 大阪高島屋 放送開始50年記念 モロボシ・ダンの名をかりて~ 2017年8月2日~13日まで 難波の高島屋大阪で開催された 主催は産経新聞社 大阪高島屋 〒542-8510 大阪府大 …

1970年代にスーパーカーブームを作った横浜シーサイドモーター跡地へ

1970年代にあったスーパーカーブーム 昭和40年前後生まれの男性なら子供の頃 カメラを持って当時日本車に無い低いデザインや ポップアップするリトラクタブルヘッドライトは 当時はあまり見たことがなかっ …