Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昭和レトロ探索

懐かしい昭和時代の話や昭和レトロな場所を紹介

国内最後のカレー自販機があるコインスナック御所24、オーナーのこだわりや始まりは?辞める時は? 徳島

      2018/08/23


愛媛県の松山に行った帰りに

徳島で見つけた懐かしい昭和レトロなうどん自販機

なんと手打ちうどんで海老天が入った自販機だった

懐かしい昭和レトロな自販機 海老天入り手打ちうどんの自販機 徳島

とても美味しかった

そして次は有名な国内最後で稼働しているボンカレー自販機や

懐かしい昭和レトロな自販機があるコインスナック御所24へ

192号線からはだいぶ北側に行かなければならないが

ここまで来たら行ってみよう

スポンサード リンク

住所: 徳島県阿波市 コインスナック御所24

徳島県道12号鳴門池田線(撫養街道)沿いにある

ここは現在国内で唯一稼働しているボンカレーの自販機があると有名なとこだ

以前から知人などから聞いてて1度来てみたかった

奥にうどん自販機もあるのでさっきのとこと味比べしてみたいが

これが国内で唯一最後に稼働しているカレー自販機

うどんはさっき食べたばかりだから止めて

自販機のカレーライスのみ、料金は300円

アツアツのご飯とレトルトのカレーパックが出てくる

今はボンカレーでなくハウスカレーなので

もうオリジナルでは無いが稼働が見れただけでも良かった

味はまあ普通のレトルトカレーだから絶品ていう感じではないが

まあ話のネタに

先客で1人年配の方が食べておられて

その人の帰り際によく来るんですか?と声をかけられた

スポンサード リンク

松山から関西に帰る途中に寄ってみたというと

結構遠方から来られる方が多いと言ってた

この国内最後の1台のカレー自販機を

40年以上守っているオーナーは74歳

人気の秘密はお米にあり

使っているお米はオーナーの田んぼで育てているヒノヒカリで

九州地方で開発・育成、2001年に熊本県城北産が特Aランク獲得し

普通の米より芯が固くカレーによく合うらしい

炊くときも電気炊飯器でなくガス炊飯器で炊くのがこだわりだ

ご飯はガスで炊いたほうが火が強いから美味しいのだという

常連客はとにかくお米が美味しいという、

盛りつけもパッケージも全て手作業だ

部品取り用の中古自販機も3台ストックしてあり

修理も自身でされているそうだ

が機械は40年以上経ちいつ壊れてもおかしくない

オーナーはこれが終わったら(壊れたら)わしも一緒に止めるとのこと

元々長距離トラックの運転手だったオーナーが

お腹を空かせたドライバーのために始めたもので

コンビニなどの出現で売り上げはかなり落ちているが

今でも1日平均20食は売れるとのこと

スポンサード リンク

瓶コーラーの自販機やアトムという手袋の自販機も、なんで手袋が?

カップヌードルの中に徳島らしく徳島の金ちゃんラーメンがあった

隣にゲームセンターがありトイレは外にある

ボタンを押して回転させ選べる自販機は

自分が中学1年の時の昭和53年頃、近所に初めて

自販機専門の店が出来た時初めて見た

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

ダイエットやゴルフ、ペット、旅行、など趣味や自分の好きな事を書いて

皆が知りたい情報を書いて

インターネット広告収入得てみせんか

そんな旅行や趣味、遊びが仕事になり楽しみながら副収入を得られる

実践してみたい方は下記公式サイトへ

   ↓

申込みはコチラ!公式サイトへ

詳しい説明動画です

スポンサード リンク

 - 懐かしい昭和の自動販売機, 昭和レトロ 徳島