昭和レトロ 和歌山

昭和40年代の古い地図から紀伊半島42号線の沿いにあった全盛期のドライブイン時代 南和苑跡地の現在 

投稿日:2020年4月27日 更新日:


先日家から出て来た昭和40年代の頃の地図、

かなりぼろぼろで表紙と裏表紙が欠落しているため

正確な年代はわからないが

和歌山県の有名温泉地にかつてあった

白浜ロープウェイが現役で出てるとこを見ると

昭和40年代前半かな?

昭和40年代当時は和歌山は大阪からでも隣の県といえ

大阪ー和歌山間は高速道路が通って無かったので

和歌山県の白浜温泉は有名温泉地として聞いた事があるが

行くのは大変で1日仕事だったので子供の頃は

業界初の抜けない水素水、ミネラル還元水素水生成器

アクア・リアージュ 日本を含む世界10カ国で特許取得

長時間保存可能だからいつでもどこでも水素水 水素水は保存が難しく、時間が経つとただの「水」になってしまいます。 しかし、アクア・リアージュは、ナノサイズの小さな水素のバブルを作り出すので、 生成した「水素」を長時間保存することができるのです。

詳細はミネラル還元水素水生成器 アクア・リアージュのページへ

 

遠い桃源郷だと思っていて詳しい当時の頃は全然わからない

ここ10年は高速道路も白浜まで行くようになったので

かなりの数を行ってるので道もわかってきたが

この古い地図を見てみると白浜温泉の付近は有料道路だったのかとか

白浜道路や白浜スカイラインって何?

まだ80年代に唯一大阪の阪南市から和歌山まで行けた高速道路の

海南湯浅道路はおろか阪和道も載っていない

現在はすぐ行ける和歌山や白浜温泉も

昔は(昭和最後まで)高速道路がなく42号線を延々走るしかなく

白浜温泉ドライブは行くだけでも大阪からは1日仕事だった

だから当時はその42号線にはドライブ中の休憩や食事が出来る

ドライブインが多数存在しており

その地図にもたくさんの昔のドライブインなどの紹介が

載ってたりしていたりして今はどうなっているのか

ちょっと走ってみたくなり行ってみることに

現在は高速道路の発達により交通量も減りその42号線に一杯あった

ドライブインなども無くなっていたり

新しい建物に変わっていたりするだろう

アメリカの有名なルート66号のように

その地図はドライブマップだったみたいで

各区間の特徴なども載っている

まずは和歌山市と湯浅の間31km

和歌山市を過ぎた海南市で42号線で有名だった

オゾン発生器 リアージュ OZONE eーAIRは e-AIR採用の低温プラズマ発生体は 従来使用されていたオゾン発生体と比べ、耐久性が高くかつ 環境に左右されない安定したオゾン発生を可能にした新技術です 日本・米国・中国で特許取得済み 脱臭・除菌・メンテナンスフリー・コンパクト設計 バス会社やパチンコ店などにも採用が増えているようです 詳細はオゾン発生器 リアージュのページへ
スポンサード リンク

ドライブインは南和歌浦苑、南和苑というらしい

和歌山市の知人に聞くと和歌浦湾の眺めが一望出来るドライブインで

景色が良くよくデートなどで夜景を見に行ったりしたそうだ

そこから椰子の樹が植えられた遊歩道を降りていくと

JR紀伊本線の線路下の海辺にプールやアリーナがあったよう

なぜ海辺にプールと思うがうこの辺りの海の汚濁が進み

海水浴が出来なくなったかららしい

当時は家族連れや若者で賑わったようだ

海南・有田今昔写真帖に載っていた

下記のブログに南和歌浦苑のレストラン広告用の絵葉書が載っている

http://kumakusu25.livedoor.blog/archives/2010-10.html

当時を知る和歌山の知人にこんなん施設だったのか?と見せて聞くと

これはかなり誇張して書かれていてこんな綺麗なイメージではなかった

スポンサード リンク

と言われた、確かに画像では広い道のカーブで入りやすく見えるが

実際は直線でトンネルとトンネルの間の狭い道をほぼ直角に曲がって

入って行くのでかなり入りにくいが当時は観光バスも来てたようだ

その後は廃墟になり

http://www.robot.ne.jp/~yamai/

現在は南和苑はその姿は跡形も無く取り壊され

空き地になっている、確かに高台にあって景色は良かった

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は パナジウム、ガイアストーン、トルマリン、龍蘭石などの高価な 天然石を含む業界初の10層構造で電気を使用しないので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 10年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)で経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

 
スポンサード リンク

-昭和レトロ 和歌山

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

昭和な豪華ダンスショーがあった和歌山県白浜温泉のハマブランカが更地になった

和歌山県の有名観光地の白浜温泉 観光名所の三段壁と言われる約2kmの大岩壁の北にあったハマブランカ 海を見渡す丘の斜面の大規模なレジャー施設だった 1962年(昭和37年)に新白浜熱帯植物園としてオー …

荒廃が進む和歌山 七洋園 和歌の浦 このまま廃墟になってしまうのか

和歌山県和歌山市の海辺にある和歌の浦はその景観の良さや 大阪から近いという立地条件から 昭和3~40年代まで新婚旅行のメッカとして賑わいたくさんの観光客で賑わったが しかしレジャーの多様化や高速道路の …

和歌山 七洋園が廃業 オーナーが亡くなっていた

和歌山県和歌山市の和歌の浦は海辺で景観の良さから かつての新婚旅行のメッカの地と言われた が、そんな絶景が目玉の和歌の浦の繁栄も今は昔 客足激減でホテルや旅館の廃業が相次ぎ 廃墟の街と言われる程寂れて …

昭和時代にあった飛行機の喫茶店 本物の飛行機を改装した喫茶店 和歌山県串本

1986年春、今から30年前 和歌山県の那智勝浦に仕事に行ってた時に よく車で42号線を走って串本方面へ行ってた時に見て 珍し物好きなので入ってみた飛行機の喫茶店 階段のとこに倒れかけているがヒコーキ …

昭和レトロな喫茶店 和歌山の奇抜なデザインの喫茶バイパス 和歌山県岩出市

前通りがかりで見て昭和レトロな感じで変わった建物なので 前から行きたかった和歌山県24号線バイパス沿いにある 喫茶バイパスへ 看板の柱のデザインもちょっと凝っている まあ大分やれているが 喫茶バイパス …