廃業や廃墟が相次ぐ椿温泉 湯は最高でも静かで寂しい観光地

      2018/09/21


和歌山県の有名観光地の白浜温泉から南に約8キロメートルにある椿温泉

椿駅からは1キロメートル西の42号線の海岸線にある

近くに白浜温泉があるのでそれに比べて華やかさが無くやや地味に見えるが

湯治にも使われる程いい温泉だ

なので客層も固定していて年配客が多いようだ

1970年代の椿温泉の画像を見ると

まだたくさんのホテルや旅館がひしめき合うように見えるが

そんな椿温泉も近年廃業や廃墟が相次ぐ

椿温泉の看板だった創業明治35年の老舗旅館の元湯 椿楼

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

も2009年に廃業してしまった

海辺に建っているので温泉は海の見える絶景だったようだ

この綺麗なエメラルドグリーンの海を見ながら温泉に入れたようだ

これで椿温泉で日帰り入浴が出来るホテルはしらさぎのみになった

元湯 椿楼の斜め前の42号線沿いにある

奥白浜椿温泉日本観光旅館しらさぎ

温泉は4階にあり海の見える温泉のようなので入ってみた

この旅館はテレビで紹介され結構流行ってるらしい

昭和レトロな温泉旅館 椿温泉しらさぎ 昔ながらの自炊システムが復活

入浴後、椿温泉って昔ながらの昭和っぽい繁華街がないのか少し探検、

その前の食堂兼スーパーはやってるのか

なんか何でも売ってるような店だったが買うもの物も無いし

開いてるかどうかわからない

そこの階段を降りて行くと海岸に出れるようだ

スポンサード リンク

元湯椿楼の裏になる

下の旅館も廃業してるようだ

下に降りて、ピンクっぽい建物もホテル跡かな

上から見えてた廃業旅館はときわ楼というようだ

海岸はすぐ前で絶好のロケーションみたいだが

プレジデント椿、何棟か高層リゾートマンションがある

綺麗なのでてっきりバブル時期かなと思ったら1970年代の建築

保養で長期滞在するためのマンションで京阪神からマイカーで

別荘代わりに使われるようだ

オイルショック以降は高層階の空きが目立つらしいが

スポンサード リンク

今は下は2~300万円台と結構安いみたいだが

維持費は大変だろうな

このリゾートマンションのすぐ前に以前は

火事でそのまま廃墟になった椿グランドホテルが長らくあったが

現在は取り壊され更地になっている

昔その廃墟の椿グランドホテルに侵入しようとする拝を見張っている

散髪屋があるとブログで見たがこの散髪屋か

2009年に日帰り温泉に入った事のある冨貴旅館を見に行く

42号線から入って狭い道沿いにの奥にあった、ここも当時日帰り入浴が出来た

海辺に建っていて海の見えるいい温泉だった

2012年に廃業し再開を望む声も多かったらしいが

建物は壊され更地になっていた

露天は無かったけどガラス張りの絶景温泉だったのに残念

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は電気を使わない 天然サンゴ、コーラルサンド21を含む業界初の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円(定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

 - 廃墟 和歌山, 昭和レトロ 和歌山