廃墟 和歌山 昭和レトロ 和歌山

廃業や廃墟が相次ぐ椿温泉 湯は最高でも静かで寂しい観光地 和歌山県

投稿日:2018年1月23日 更新日:


和歌山県の有名観光地の白浜温泉から南に約8キロメートルにある椿温泉

椿駅からは1キロメートル西の42号線の海岸線にある

近くに白浜温泉があるのでそれに比べて華やかさが無くやや地味に見えるが

湯治にも使われる程いい温泉だ

なので客層も固定していて年配客が多いようだ

1970年代の椿温泉の画像を見ると

まだたくさんのホテルや旅館がひしめき合うように見えるが

そんな椿温泉も近年廃業や廃墟が相次ぐ

椿温泉の看板だった創業明治35年の老舗旅館の元湯 椿楼

水素パワーで自己免疫を付けいつでも健康体に、食べる水素サプリメント、 サンゴ水素スティックは水素体内持続時間が驚異の53時間、 この証明は島津製作所グループの (株)島津テクノリサーチ社の調査データーです ビタミンCの含有量が世界一のカムカム配合 天然ビタミンCは果汁100gあたり、約3,000mg アセロラの約2倍レモンの約60倍のビタミンC ポリフェノールもたっぷり含まれて抗酸化作用を持つスーパーフルーツです

詳細はサンゴ水素スティックのページへ

 

も2009年に廃業してしまった

海辺に建っているので温泉は海の見える絶景だったようだ

この綺麗なエメラルドグリーンの海を見ながら温泉に入れたようだ

これで椿温泉で日帰り入浴が出来るホテルはしらさぎのみになった

元湯 椿楼の斜め前の42号線沿いにある

奥白浜椿温泉日本観光旅館しらさぎ

温泉は4階にあり海の見える温泉のようなので入ってみた

この旅館はテレビで紹介され結構流行ってるらしい

昭和レトロな温泉旅館 椿温泉しらさぎ 昔ながらの自炊システムが復活

入浴後、椿温泉って昔ながらの昭和っぽい繁華街がないのか少し探検、

その前の食堂兼スーパーはやってるのか

なんか何でも売ってるような店だったが買うもの物も無いし

開いてるかどうかわからない

そこの階段を降りて行くと海岸に出れるようだ

末期がん治療の専門医も絶賛し推奨するパワートロンDX! 病気の改善や自己免疫力は付けるにはまずは第一にするべきは 年々蓄積された体内の老廃物、有害物質など毒素を出しきる事から
マイナスイオン・遠赤外線・トロンは水にも油にもよく溶け、
トロン風呂による入浴が、入浴そのものの作用だけでなく、
 
空気中に発散するトロンガスと共に吸い込む事が出来ます
 
吸入されたトロンガスは肺から心臓、そして身体中の血液に溶け込み
 
全身を巡って改善作用をもたらせます
がん、糖尿病、脳疾患、リュウマチ、生活習慣病でお悩みの方へ、 症状の改善が期待できます 日本成人病予防協会推奨品

詳細はパワートロンDXのページへ

 
スポンサード リンク

元湯椿楼の裏になる

下の旅館も廃業してるようだ

下に降りて、ピンクっぽい建物もホテル跡かな

上から見えてた廃業旅館はときわ楼というようだ

海岸はすぐ前で絶好のロケーションみたいだが

プレジデント椿、何棟か高層リゾートマンションがある

綺麗なのでてっきりバブル時期かなと思ったら1970年代の建築

保養で長期滞在するためのマンションで京阪神からマイカーで

別荘代わりに使われるようだ

オイルショック以降は高層階の空きが目立つらしいが

スポンサード リンク

今は下は2~300万円台と結構安いみたいだが

維持費は大変だろうな

このリゾートマンションのすぐ前に以前は

火事でそのまま廃墟になった椿グランドホテルが長らくあったが

現在は取り壊され更地になっている

昔その廃墟の椿グランドホテルに侵入しようとする拝を見張っている

散髪屋があるとブログで見たがこの散髪屋かな?

youtubeに上がってた昭和40年代の貴重な椿温泉の風景

まだまだ開発前の椿温泉の風景やホテルしらさぎの椿山荘の時代や

火事で廃墟になる前の椿グランドホテルも映っている

2009年に日帰り温泉に入った事のある冨貴旅館を見に行く

42号線から入って狭い道沿いにの奥にあった、ここも当時日帰り入浴が出来た

海辺に建っていて海の見えるいい温泉だったが(2009年撮影)

2012年に廃業し再開を望む声も多かったらしいが

建物は壊され更地になっていた

露天は無かったけどガラス張りの海が見える絶景温泉だったのに残念

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は パナジウム、ガイアストーン、トルマリン、龍蘭石などの高価な 天然石を含む業界初の10層構造で電気を使用しないので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 10年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)で経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

 
スポンサード リンク

-廃墟 和歌山, 昭和レトロ 和歌山

執筆者:


  1. 通りすがり より:

    火事でそのまま廃墟になった椿グランドホテル

    インターネット上でも「俗説」が広まっていますが、火災の後、
    新館部分を大改築して一旦は営業を再開しています。
    火災は1970年代。廃業は1980年代と思われます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

廃墟になった和歌山の日の岬国民宿舎、廃道から紀伊半島最西端の地へ

4年振りに和歌山県日高町の日の岬へ かつては日の岬パークは標高約200mの岬一帯で 360度の太平洋の見渡す事が出来、圧巻の絶景で 観光地として栄えた時期もあった 自分が子供の頃の昭和50年頃、近所の …

1980年代に出現した巨大パラダイス、グリーンピア南紀も廃墟に 和歌山県那智勝浦町

1986年4月4日に和歌山県の那智勝浦町に作られた 巨大な施設グリーンピア南紀 後に年金の無駄使いと問題視された悪名高き施設だが 自分は丁度この時期に和歌山県の那智勝浦町に仕事で行っていて 新しい観光 …

和歌山の通行止めで廃道になった大川峠を自転車で走ってみた

和歌山県の通行止めで廃道になった加太の大川峠へ 大川峠というのはかつて大阪から加太に行く途中にあった峠で かつては走り屋やライダー達のメッカで たくさんのライダーが峠を攻めに来てたり ドリフト族なども …

レトロなかつては漆器で栄えた和歌山県海南市の黒江町の探索 廃墟のような船尾市場

和歌山県海南市の黒江町を探索 この付近は古い町並みがたくさん残ってると地元の知人に聞いたので ここがメイン通りだ、川端通りというらしい 黒江町は昔は漆器産業で栄えたというが今は数件の店が残るのみ この …

主を失った和歌山、七洋園の現在 

和歌山市和歌の浦の泊まれる廃墟ホテルとして 最近マニアの間で話題を浴びつつあり 2016年に自分も宿泊した昭和レトロなホテル七洋園 和歌山の和歌の浦にある廃墟と噂される七洋園に泊まってみた しかし先日 …