旧車イベント 70年代、80年代 昭和の旧車・名車 バブル時代の旧車 絶版車 

昭和の旧車 70年代、80年代、バブル時代の旧車  旧車イベントの紹介です

実際に乗った車

80年代の名車 2代目ソアラ3000GT 7M-GTはヘッドが弱点

投稿日:2018年6月26日 更新日:


1986型の2代目 MZ20ソアラ3000GTのホワイト

安い車検店舗が見つかる、ポイントも貯まる、 車検の比較&予約サイト【楽天車検】 『車検をなんとなくで選んでいませんか?楽天車検なら比較して安いお店を探せます。 楽天スーパーポイントもGET! 詳細は下記サイトへ

このソアラ3000GTは田舎のおじさんが長距離移動で乗っていて

1995年に9年落ちでエンジンオイル漏れがし始め

修理代が10万円と高額なので廃車にするというので

以前に自分が初代ソアラ2800GTリミテッドに乗っている時から

何度か運転させてもらっていて自然吸気エンジンの

2800ccDOHCの5M-Gエンジンよりも

パワフルでとても速かったし20ソアラも好きな車だったので

10万円で修理して乗れるならと直して自分が乗ると引き取ってきたものだ

業界初の抜けない水素水!ミネラル還元水素水生成器

アクア・リアージュ 

長時間保存可能だからいつでもどこでも水素水 水素水は保存が難しく、時間が経つとただの「水」になってしまいます。 しかし、アクア・リアージュは、ナノサイズの小さな水素のバブルを作り出すので、 生成した「水素」を長時間保存することができるのです。

日本を含む世界10カ国で特許取得

詳細はミネラル還元水素水生成器 アクア・リアージュのページへ

 

すでに走行16万kmは走っていたが試乗しても

それ以外は問題無く走行距離は多いがほとんど高速道路での移動だったので

多分このオイル漏れされ直せばまだまだ走るだろうと

外観はノーマルだがリアスポイラーは社外のLEDストップライト付きだった

ほとんど純正に見える大人しいリアスポイラーだった

当時乗っていた1990年型のMX81チェイサー3000アバンテGを売って

これに乗ることにした、チェイサーも同じ7M型エンジンだが

ターボは無しのハイオク仕様でオートマチックながら200馬力

1986年のデビュー当時からこの7M-GTは(当初は)

オートマッチックトランスミッションのみのしか設定はないが

3リッター4バルブDOHCで当時最強の230馬力最大トルク33.0kg

それまで長く日本最高速車を誇っていた日産フェアレディZ300ZXの

234km/hを上回る238km/hを記録して話題になり

当時のホリデーオートなどの車雑誌でよく取り上げられていた

80年代 バブル時代の名車 20ソアラ3000GTリミテッド エアサスマルチヴィジョン 

もちろん高級スポーツカーとして初代ソアラから

引き続いて女子ウケ人気も相当高かった

前期のみのセンターヘッドに付いた時計も変わってて

かっこいいと思ってた

~買う前に試す新常識~美容家電レンタル 憧れの美容家電は数万円する… 本当に効果はあるのかな… 結婚式や同窓会があるから短期間で使いたい… 試してから購入できたらいいな… そんなお悩みを解決すべく生まれたサービスです CMやSNSで話題の、あの美容家電を使ってみたい。 ・本当に効果があるのか、自分に合っているかを試してみたい。 ・ティレット やEMSスーツなど弊社でしか試せない商品も多数ございます 詳細は下記サイトからどうぞ

3リッターはパワーシートは付いていたがスライドのみ電動で

なぜかリクライニングは手動だった

TEMS、オートドライブ、4-ESCブレーキ付き

そして1995年の1月から愛車にするべき持って帰ったのだが

まずはエンジンオイル漏れの修理が必要だ

富める人達の共通点、それはお財布を大事にする習慣にありました Amazonで絶賛レビュー500件超ヒカキン、松居一代も愛用する “究極の人気金運グッズはこちらからどうぞ”
スポンサード リンク

多分部品自体は二束三文だが工賃は高いだろうと

しかし乗って帰った朝、セルモーターが回らないトラブルが出た

JAFを呼んだらセルモータを叩いてショック与えたら回るので

毎朝やってたがセルモーターも直さないといけない

オートマッチックも時折ニュートラルになるので

中古車買取実績No.1のガリバーが 非公開在庫車や全国の新鮮な在庫の中から希望の車を探してお知らせ! 2~3分で入力完了する簡単で便利な無料サービスです 詳細は下記サイトへ

オートマチックもリビルト品に替える、セルモータも

エンジンオイル修理のついでにやれば工賃は安いので

結局全部で20万円だった、これで安心して乗れると思ったが

段々夏にかけて暑くなるに従って水温が上がり気味になってくる

ラジエーターが原因かもとラジエーターを交換するが

オーバーヒートは改善されない、

この7M-GTエンジンはヘッド弱く年数が経つと歪んで

水回りが悪くなりオーバーヒート気味になる

早い物だとわずか3年程でなるのもあるらしい

圧力に耐え切れずホースが抜けて

水漏れして路上で立ち往生もあった

それが続くとヘッドガスケットが弱いのでガスケットが抜けてしまう

当時はまさかヘッド側に問題があるとは考え無かったので

カーショップで良さそうなケミカル剤を見つけては買い

あれこれ試して水温が上昇しにくいラジエーター液や

失われた圧縮比を取り戻すオイル添加剤など

結局ヘッド側の水回りが悪いせいでラジエターの補助タンクから

ラジエター液が吹き出して漏れて

最後まで常に水を積んで走る事になり

常に水を足しながらの走行でいつもハラハラさせられた

近年旧車イベントなどで当時この3リッター7M型エンジンに乗っていた方ら

同じ20ソアラや130クラウンや70スープラのオーナーは

同じように水を持って走っていたと言う

その他のトラブルはオルタネーターの警告灯が点いて交換

突然エンジンからカタカタ音がし、フライホイールの割れが見つかり

また高額の修理費が・・・貯金の50万円が無くなった

無料で引き取ってきたけど普通に中古車買った方が安かったかな・・・

結局ちゃんと走っていたのは最初の半年のみで

後の1年半はずっとトラブルに悩まされ

しょっちゅうラジエター水を交換していた

ちゃんと走ってる時はオートマチックでも速くて

乗り心地のいい車だったけど

当時はボロボロの軽トラでもちゃんと走ってるのに

なんで高級車のソアラがまともに走らないんだと悔しかった

もうこれ以上はお金がかけれないと次の車を探して

70スープラ2500GTツインターボに乗り換えた

たった35秒で愛車無料査定! 中古車買取実績No.1のガリバー 全国500店舗のオークション、海外店舗など 豊富な販路から高価買取を可能にします 愛車無料査定は下記サイトからどうぞ

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

-実際に乗った車

執筆者:

関連記事

初代ソアラ トヨタ・ソアラ2800GTリミテッド レビュー 1984年

8年落ちのMZ10 ソアラVRターボを30万円で売り いつものブローカーの人からM型ターボより軽量で燃費のいいエンジンの 1G-Gのツインカム24のソアラかクレスタを探してもらってる時に ソアラ280 …

旧車 試乗 ダイハツ L500ミラ TR-XX アバンツァート 

近所の車のオフ会へ そこに来てたダイハツ・ミラTR-XX 4代目のミラだった 以前は親が1986年式のミラ TR-XXを乗っていて (自分が買わせたものだが) 2代目のミラでインタークーラー付きターボ …

80年代の名車 トヨタ・チェイサー3000アバンテG 1990年 MX83 インプレション

1990年以降は空前の新車ブームとなり バブル時代で家が高くなりすぎたこともあって 車にお金を使う人が多くなり 新車が氾濫し少し前の車も見かけなくなったと言われた 1992年の転勤先は車好きの人が多く …

トヨタ・セリカ 2代目 1800ST-EFI 1979年式のレビュー TA40 3T-EU 

1985年9月そろそろ免許を取って1年になろうとしている時 近所の幼馴染から先輩の車を買わないかと言ってきた 車はトヨタ・セリカ グレードは1800ST 子供の頃の頃からセリカは好きで欲しかった車だっ …

80年代の名車 初代ソアラ VRターボ レビュー 1982年型 MZ10

1988年2月 ついに憧れのソアラに スーパーホワイトカラーのソアラがついに自分のものに 6年落ちの中古のソアラだが(^_^;) 安い車検店舗が見つかる、ポイントも貯まる、 車検の比較&予約サイト【楽 …







メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2,932人の購読者に加わりましょう