Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昭和時代にあった飛行機の喫茶店 本物の飛行機を改装した喫茶店 和歌山県串本

      2018/05/24


1986年春、今から30年前

和歌山県の那智勝浦に仕事に行ってた時に

よく車で42号線を走って串本方面へ行ってた時に見て

珍し物好きなので入ってみた飛行機の喫茶店

階段のとこに倒れかけているがヒコーキ喫茶と書かれた看板がある

外観は結構やれていた(^_^;)階段もかなり錆びているし

タラップ代わりの階段を登って搭乗口から中へ

中は確かに喫茶店のように改装されている

年配のおじいさん?が1人でやってるようだ

中はそんなに綺麗でなくやや古びている

画像で見ると70年代の喫茶店のようで

今から見るとケバケバしい色の昭和レトロな感じだが

当時は薄暗くスナックのような古臭く感じた

元は40人乗りの旅客機だからそんなに大きな飛行機では無い

スポンサード リンク

ハンバーグ定食を食べた、まあ喫茶店だから味は普通だったと思う

おじさんによるとこの飛行機は本当に飛んでた飛行機を改造し

ここに持ってきて喫茶レストランとして10年以上営業しているようだ

車体には昭和観光開発株式会社 NANKI HIMEと書かれている

1948年製だから38年経っている

米国社 コンベアー CVー240

1970年代に譲り受けたらしい、てっきり作り物と思ってたが

平日の昼間だったが自分以外に客はいなかったが

オーナーのおじさんは夏頃はたくさんの人で一杯になると言っていた

帰って地元の職場の人に聞くと

ああ、汚い飛行機のとこか、10年以上前からあるけど

あそこはあんまり流行ってないようだよと言ってた

現在はもうないようなので串本のどこにあったのかはわからないが

地元の知人によると串本では無く 和歌山県東牟婁郡串本町姫

現在のコメリホームセンター 南紀店あたりにあったらしい

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

天然サンゴ100%の自然主義のミネラルウォーター

元祖コーラルサンド21®

日本初!厚生労働省認定機関の

日本食品分析センター、東京都食品衛生協会、東京環境測定センターから

永久に水が腐らない、菌が繁殖しないデータを取得しています

永久保存が出来、地震災害用の非常水にも最適

水道水を入れるだけで水道水の塩素を除去し

天然のミネラル22種類の固まりの名水になります

ペットボトル500mlで繰り返し100回使えるので経済的です さらに飲料水としてだけでなく制菌も出来る水で ノロウィルスも死滅させたデータも取得しています

すべて公式サイトに実証データーがあります

詳しくは元祖コーラルサンド21の公式サイトへ

内閣総理大臣/内閣府認可

一般社団法人 水の安全臨床検査機構

株式会社 マキシム事業企画

防衛省、パナソニック、ダスキン、大分岡病院、要病院 朝日新聞社グループなど多数の企業で使用されています
スポンサード リンク

 - 昭和レトロ 和歌山