昭和レトロ 滋賀 消えた昭和の遊園地

昭和時代に大レジャー施設だったびわ湖パラダイス 滋賀県大津市

投稿日:2018年3月18日 更新日:


滋賀県大津市にあったびわ湖パラダイスは

自分が子供の昭和40年代頃からCMでよく聞いた

「はだか~て・ん・ご・く~♪」

びわ湖温泉ホテル紅葉、びわ湖パラダイス、びわ湖紅葉パラダイス、

どれが正式名称かわからないが70年代に関西に住んでいた

昭和40年前後の子供は必ずこのCMは聞いた事があるだろう

滋賀県大津市茶が崎4-3にあった

昭和の終わり頃からバブル時代の頃に流行り

ホテルと温泉と大遊園地の一大総合レジャーランド

水素パワーで自己免疫を付けいつでも健康体に、食べる水素サプリメント、 サンゴ水素スティックは水素体内持続時間が驚異の53時間、 この証明は島津製作所グループの (株)島津テクノリサーチ社の調査データーです ビタミンCの含有量が世界一のカムカム配合 天然ビタミンCは果汁100gあたり、約3,000mg アセロラの約2倍レモンの約60倍のビタミンC ポリフェノールもたっぷり含まれて抗酸化作用を持つスーパーフルーツです

詳細はサンゴ水素スティックのページへ

 

地下1500メートルから湧き出す広々とした温泉

アルカリ性単純泉

トレーニングルームも完備

レジャーランドの走りの昭和40年代の高度経済成長時代に出来た

今や死後となったヘルスセンターと呼ばれた施設で巨大な宿泊ホテルに

温泉あり、遊園地、プール、アイススケート

ボーリング場、大衆演劇などレジャーに関するもの何でもありの施設で

2500人収容客の大演芸場やトレーニングルームに600台の駐車場

びわ湖湖畔なのでびわ湖に飛び込むジェットコースターなどがあった

今の時代は安全の為無理かな?

大阪からもそう遠く無いこともあって町内の子供会の遠足などで

何度か連れてきてもらった思い出がある

末期がん治療の専門医も絶賛し推奨するパワートロンDX! 病気の改善や自己免疫力は付けるにはまずは第一にするべきは 年々蓄積された体内の老廃物、有害物質など毒素を出しきる事から
マイナスイオン・遠赤外線・トロンは水にも油にもよく溶け、
トロン風呂による入浴が、入浴そのものの作用だけでなく、
 
空気中に発散するトロンガスと共に吸い込む事が出来ます
 
吸入されたトロンガスは肺から心臓、そして身体中の血液に溶け込み
 
全身を巡って改善作用をもたらせます
がん、糖尿病、脳疾患、リュウマチ、生活習慣病でお悩みの方へ、 症状の改善が期待できます 日本成人病予防協会推奨品

詳細はパワートロンDXのページへ

 
スポンサード リンク

夏期には全長300メートルの大流動プールや

長さ170メートルのジャンボスライダーもあった

入場料2000円でほぼすべての施設が楽しめた

バブル時代を過ぎ平成になり

それらの施設も古臭い時代遅れとなり客足の減少からか

1998年に閉鎖、すべて取り壊された

自分も20代のバブル期はそんな古い物は時代遅れと馬鹿にして

こういう施設からは遠ざかっていたが

1992年頃にキャンプ好きの友人とびわ湖に夏にキャンプに行って

友人から汗を流して帰ろうと

久々びわ湖パラダイスに連れてってもらった

友人ら数人とたくさんの広い温泉や

暗い大きな丸い大演芸場ホールでの演歌歌手のコンサートや

舞踊団のショーなどや周りにあるたくさんの夜店のような飲食店など

当時と変わらぬ施設を見て

子供の頃見た光景だととても懐かしい気分にさせられ、

それ以降から昭和時代の施設を見に行くのが好きになった

その頃でも懐かしいゲームセンターの70年代のアーケードゲームが

たくさん置いてあった、ただ閉館間近で単に最新機種を揃える力が

スポンサード リンク

もう無かったのかもしれないしこの時代の子供なら

古臭いゲームしか置いてない時代遅れのゲームセンターと思うかもしれないが

自分にはとても懐かしくドライブゲームなどをやったりした

残念ながら1998年に時代の波に飲まれ客足の減少などで閉館となり

すべて取り壊されてしまった

滋賀県大津市にあったドライブインシアター、トワイライトクルーザー

ドライブインシアター関西 昭和時代からあったびわ湖パラダイスに併設されていたドライブインシアタートワイライトクルーザー

まだ1998年に閉館したびわ湖パラダイスが案内板に載ってる

関連企業なのか入場者は隣のびわ湖パラダイスに2人まで入場が無料なので

遊園地や温泉、プール、食事も同時に楽しめる特典付きだった

 

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします
マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は パナジウム、ガイアストーン、トルマリン、龍蘭石などの高価な 天然石を含む業界初の10層構造で電気を使用しないので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 10年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)で経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

 
スポンサード リンク

-昭和レトロ 滋賀, 消えた昭和の遊園地

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

消えた昭和の遊園地 きびの郷ワンダーランド 岡山

岡山県の高梁市にあったきびの郷ワンダーランド 岡山県高梁市松原町神原2326 高梁市は城下町の面影が残る町で古びた町並みの 緑濃い山あいに西日本でも当時有数の規模を誇る遊園地 きびの郷ワンダーランドが …

消えた昭和の遊園地 創業大正15年の近鉄あやめ池遊園の跡地へ 思い出のスーパーカーショー

奈良県奈良市にあった創業大正15年の長い歴史を持っていた かつては西大寺境内の池苑だったと言われる近鉄あやめ池遊園地 広さ約33万平方メートルのかなり大きな遊園地施設だった 開業当初は上池、下池2つの …

消えた昭和の遊園地 甲子園阪神パーク 巨大な甲子園デラックスプール だっせのおっちゃんの紙芝居 兵庫県

兵庫県西宮市にあった甲子園球場近くの阪神パーク ここは家から最も近い遊園地で1番良く行った遊園地だ 甲子園球場にはプロ野球や高校野球を何度も見に行ってるし その近くなので交通の便も良く行きやすかったの …

昭和に繁栄した遊園地、東条湖ランドの名前も消えて湖畔の廃墟群が静かに佇む

兵庫県加東市の東条湖といえば 東条湖ランドは昭和の時代によく聞いたが 平成以降は遊園地施設の客足の減少などで閉鎖が相次ぎ 東条湖ランドもおもちゃ王国に変わっている かつては東条湖ランドもたくさんのレジ …

消えた昭和の遊園地 西日本最古の玉手山遊園地はノスタルジーを残しながら公園として生き残る 名物50m滑り台は今?大阪府柏原市

大阪府柏原市にあった近鉄玉手山遊園地がオープンしたのは 明治41年、1908年8月、標高50~100メートルの玉手山丘陵に 起伏の多い地形を巧みに利用した遊園地として開業した これは全国で二番目、西日 …