寂れた東条湖、湖の豪華遊覧船デキシークイーン号の寂しい末路

      2018/07/25


兵庫県加東市の東条湖で行われた旧車イベント

車楽苦ノスタルジックカーミーティング

の見学で東条湖へやってきた

イベント見学後は東条湖の周辺を少し散策してみた

東条湖ランドは昭和時代にCMでよく見たし有名だったので

昭和時代に繁栄した東条湖ランドも現在は無用の長物が放置

昭和時代のレジャーブームや

バブル期にはたくさんの人々が訪れたはずだから

観光地らしい物が残っているかも

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

東条湖ランドの手前付近、東条湖の入口辺りを見てみる

東条湖畔は眺めがいいのだが今は人気がほとんどなく

火曜サスペンスの舞台になりそうな所だ

東条湖は人造湖だ

湖にや池にありがちなレジャーボートや遊覧船乗り場があった

ここは以前デキシークイーン号という

ウェスタン風の遊覧船があったらしいが
スワン型は初代遊覧船白鳥号、

だが湖の上で止まったまま

誰もいないのかな?でも入口で誰か立っている、

見ていると全然動かないと思ったら

カウボーイハットを被った人形だった

ボートの営業はやってるみたいだが客は誰もいないし

乗ろうとする人影も無い


施設も老朽化

ボートを降ろす機械も老朽化している

昭和全盛期の頃は池や湖の観光施設は

カップルでボートや足こぎスワンとかがあって

休日にはたくさん浮かんで賑やかだったが

今は日曜なのに全く人もボートも浮かんでいないし

横の店もどちらもやってない廃墟状態

この看板も古いし昭和レトロしている
トイレに行こうとしたら誰かが影から覗いている?

スポンサード リンク

よく見れば人形だった、

この捨てられ放置された人形達は?
後で調べたら

http://kansai.sakura.ne.jp/000513/photo.htm

この人の2000年ごろのブログで

現役時代のデキシークイーン号や船内が写っている

貴重な画像だ

この遊覧船は2002年に経営不振の為廃業し放置された後

2008年解体された

どうやらこのデキシークイーン号に飾られていた人形みたいだ、

そして解体と同時に要済みとなり捨てられた悲しい運命だ・・・

さっきのボート小屋のカウボーイ人形は

唯一見張りで生かされている?ようだ

スポンサード リンク

これは1996年頃の雑誌、デキシークイーン号の乗り場が写っている

当時は活気があったようだ

デキシークイーン号
全長30.05mの真っ白な船体に黒い2本の煙突がついた遊覧船で、

約30分の船旅が楽しめる、

船内には、カウボーイハットをかぶった人形など

アメリカ西部開拓時代のスタイルできめた人形が

あちこちに置かれタイムスリップした気分になれる
料金は大人900円、子供450円だったようだ

遊覧船 デキシー・クィーン号の案内看板はまだ残っていた

このデキシー・クィーン号廃止の影響か周辺も廃墟化している

昭和に繁栄した東条湖ランドも消えて湖畔の廃墟群が静かに佇む

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は電気を使わない 天然サンゴ、コーラルサンド21を含む業界初の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円(定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

 - 昭和レトロ探索 兵庫