和歌山の通行止めで廃道になった大川峠を自転車で走ってみた

      2018/05/25


和歌山県の通行止めで廃道になった加太の大川峠へ

大川峠というのはかつて大阪から加太に行く途中にあった峠で

かつては走り屋やライダー達のメッカで

たくさんのライダーが峠を攻めに来てたり

ドリフト族なども夜な夜な一杯来てた
1980年代までは自分も車で何度か通った事もあり
最後の下りはかなりタイトな180°のダブルコーナーがあった
但し事故も多く年間数人の死者も出ていて問題になってたようで
新トンネルが開通した数年後に

車とバイクの通行が禁止になりそのまま廃道となった

自分も新トンネルが出来たあとその後何気に何度か通ったが

廃道になったことを言われるまで気づかなかった

そいうや昔そんな峠があったなと思い出し

廃道になっていたことを知った

昭和を探す旅なら「ノスタルジック散歩旅」、昭和グルメなら「懐かしい昭和グルメ」、 いろんな雑誌400種類!が月400円(税抜き)で読み放題! 初回1か月0円! ↓↓お申し込みはこちらから↓↓  

そして久々通りたくなり行ってみた

しかし大川峠は現在は車やバイクは通行止めになっているので
今は自転車か徒歩でしか行くことは出来ないので

車に自転車を積んで和歌山へ

朝から雨で土砂降りだったが和歌山に近づく頃には止んできた

これなら行けそうだ、車を道の駅に止め
自転車(ママチャリだが)で出発

大川峠までは地図で見ると大体1kmくらいか

海岸線を走る、今日は風は強い

あそこだから、まだ結構あるなあ

ようやく分岐点へ

ここを右へ、真っすぐ行けば新しいトンネル

むっ野良犬が

ここから峠へ行く海岸線

2006年9月から車とバイクの通行が禁止されたようだ

ここを訪れるのはもう20数年振りくらいになるだろう

ここまででも大分走ってきたな、ママチャリだからしんどい(^_^;)

う~さすがにきつい勾配だ

振り返ると海が、昔来た時は夜ばかりだから気付かなかったけど

結構景色は良かった場所だったんだな

スポンサード リンク

廃道で人家もないから孤独感が出て来る

廃道になった後はハイカーやサイクリストが走っているというが

今日の天気では誰も来ないだろう
何人もの死者も出てるからインチキ霊能者なら

あそこにもここにも霊がいますねといいそうだが
この歳になると怖いのは心霊現象より野生動物や人間、

追い剥ぎや、野犬、猪などの野生凶暴動物が出てくると怖いので
出来るだけ押さずに走るからかなりしんどい、ハァハァ( ̄▽ ̄;)

大分登ってきた

そしてようやく頂上付近に近い廃屋に来た

いつ潰れたか知らないが廃業後かなり経ってるみたいだ、

スポンサード リンク

以前は唯一の道でこの辺に他に店もコンビニも無いから

かつては繁盛したのだろうか?

まあ廃道になってしまって人も車も来なくなったら廃業するしかないだろうが

奥に行くと遊園や展望台があるらしい、

ちょっと見てみたいが野生動物がいそうなのでやめた

釣り人が結構来るらしいが

しかしまだ上りは続く、しかし後もう少しだろう

ようやく上りの終わりだ~!ここからは一気に下る

当時は最後2つの連続180°のコーナーはかなり速度を落とさねばならなかった

スポンサード リンク

下りは自転車でも2分程で下りきった

ここから従来の道と合流する

反対側より

右が新しいトンネル、1kmのほぼ直線でこちらなら車で数十秒で行ける

やっぱ地図を見ると峠はかなり大回りだ

赤い線が今通って来た道で青い線が新しい大川トンネル

サーキット等の暴走運転を禁止する警告看板

以前は休日の昼からたくさんのライダーがハングオンしながら走っていた

帰りはもう登りはしんどいのでトンネルで

ほとんど直線だから車は猛スピードで来るからやや怖い

こっちからの方が海が見えて景色がいい

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

「もう自衛するしかない水道水」「水道水はガンと死をまねく!?」 他の著者で水の研究に拘り続けて50年以上の葛原慎二が販売する マキシムの浄水器、マーマー21は電気を使わない 天然サンゴ、コーラルサンド21を含む業界初の10層構造なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 還元水に磁気水、天然アルカリ性を生成し ミネラルバランスがとても身体に優しい浄水器です 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

スポンサード リンク

 - 廃墟 和歌山, 昭和レトロ 和歌山