廃墟 和歌山 昭和レトロ 和歌山

和歌山の通行止めで廃道になった大川峠を自転車で走ってみた

投稿日:2012年3月31日 更新日:


和歌山県の通行止めで廃道になった加太の大川峠へ

大川峠というのはかつて大阪から加太に行く途中にあった峠で

かつては走り屋やライダー達のメッカで

たくさんのライダーが峠を攻めに来てたり

ドリフト族なども夜な夜な一杯来てた
1980年代までは自分も車で何度か通った事もあり
最後の下りはかなりタイトな180°のダブルコーナーがあった
但し事故も多く年間数人の死者も出ていて問題になってたようで
新トンネルが開通した数年後に

車とバイクの通行が禁止になりそのまま廃道となった

自分も新トンネルが出来たあとその後何気に何度か通ったが

廃道になったことを言われるまで気づかなかった

そいうや昔そんな峠があったなと思い出し

廃道になっていたことを知った

そして久々通りたくなり行ってみた

しかし大川峠は現在は車やバイクは通行止めになっているので
今は自転車か徒歩でしか行くことは出来ないので

車に自転車を積んで和歌山へ

朝から雨で土砂降りだったが和歌山に近づく頃には止んできた

これなら行けそうだ、車を道の駅に止め
自転車(ママチャリだが)で出発

大川峠までは地図で見ると大体1kmくらいか

海岸線を走る、今日は風は強い

あそこだから、まだ結構あるなあ

ようやく分岐点へ

ここを右へ、真っすぐ行けば新しいトンネル

むっ野良犬が

ここから峠へ行く海岸線

2006年9月から車とバイクの通行が禁止されたようだ

ここを訪れるのはもう20数年振りくらいになるだろう

ここまででも大分走ってきたな、ママチャリだからしんどい(^_^;)

う~さすがにきつい勾配だ

振り返ると海が、昔来た時は夜ばかりだから気付かなかったけど

結構景色は良かった場所だったんだな

末期がん治療の専門医も絶賛し推奨するパワートロンDX! 病気の改善や自己免疫力は付けるにはまずは第一にするべきは 年々蓄積された体内の老廃物、有害物質など毒素を出しきる事から パワートロンDXの入浴によりマイナスイオン・遠赤外線ラドンと ぶくぶく出る気泡の攪拌作用により毛穴の皮脂腺から 通常では排出されない老廃物、有害物質を外に出す 驚異のデトックス(毒出し)作用効果があります それはスポーツやサウナなどで出る汗では出せない物でした がん、糖尿病、脳疾患、リュウマチ、生活習慣病でお悩みの方へ、 症状の改善が期待できます 日本成人病予防協会推奨品

詳細はパワートロンDXのページへ

 
スポンサード リンク

廃道で人家もないから孤独感が出て来る

廃道になった後はハイカーやサイクリストが走っているというが

今日の天気では誰も来ないだろう
何人もの死者も出てるからインチキ霊能者なら

あそこにもここにも霊がいますねといいそうだが
この歳になると怖いのは心霊現象より野生動物や人間、

追い剥ぎや、野犬、猪などの野生凶暴動物が出てくると怖いので
出来るだけ押さずに走るからかなりしんどい、ハァハァ( ̄▽ ̄;)

大分登ってきた

そしてようやく頂上付近に近い廃屋に来た

いつ潰れたか知らないが廃業後かなり経ってるみたいだ、

スポンサード リンク

以前は唯一の道でこの辺に他に店もコンビニも無いから

かつては繁盛したのだろうか?

まあ廃道になってしまって人も車も来なくなったら廃業するしかないだろうが

奥に行くと遊園や展望台があるらしい、

ちょっと見てみたいが野生動物がいそうなのでやめた

釣り人が結構来るらしいが

しかしまだ上りは続く、しかし後もう少しだろう

ようやく上りの終わりだ~!ここからは一気に下る

当時は最後2つの連続180°のコーナーはかなり速度を落とさねばならなかった

スポンサード リンク

下りは自転車でも2分程で下りきった

ここから従来の道と合流する

反対側より

右が新しいトンネル、1kmのほぼ直線でこちらなら車で数十秒で行ける

やっぱ地図を見ると峠はかなり大回りだ

赤い線が今通って来た道で青い線が新しい大川トンネル

サーキット等の暴走運転を禁止する警告看板

以前は休日の昼からたくさんのライダーがハングオンしながら走っていた

帰りはもう登りはしんどいのでトンネルで

ほとんど直線だから車は猛スピードで来るからやや怖い

こっちからの方が海が見えて景色がいい

当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載の行為は固くお断りします

マキシムの浄水器、マーマー21 MJ100は 天然石を含む業界初の10層構造で電気を使用しない浄水器なので 災害時などの突然の停電時にも使用可能です 0年間カートリッジ交換不要(10万リットル分!)だから 家族の飲水、食器洗いで1日25リットル使っても1日100円 (定価388000円での計算)と経済性も抜群! 公益社団法人日本水道協会(JWWA)委託試験所である 一般財団法人関西環境管理技術センター で水質テストにより安全性が確認されています

詳しくはマーマー21の商品ページへ

 
スポンサード リンク

-廃墟 和歌山, 昭和レトロ 和歌山

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

廃墟と絶景が混在する街、昭和の観光地だった和歌山の和歌の浦 水軒の浜跡

和歌山県和歌山市にある和歌の浦は かつては万葉集に詠われた風光明媚な景勝地で 昭和50年代頃までは熱海と並ぶ新婚旅行のメッカと言われ 天皇陛下も宿泊された由緒ある旅館やホテルがたくさんあったが 高速道 …

廃墟再生中だった高級旅館石泉閣、アルタミラ美術館の完成はいつ?

和歌山市和歌の浦の泊まれる廃墟ホテルとして 自分も2016年に泊まったホテル七洋園 先日、オーナの訃報を知り廃業となったらしいので 現在どうなっているか見に和歌山県の和歌の浦に まずは和歌の浦の入り口 …

廃墟になった和歌山の日の岬国民宿舎、廃道から紀伊半島最西端の地へ

4年振りに和歌山県日高町の日の岬へ かつては日の岬パークは標高約200mの岬一帯で 360度の太平洋の見渡す事が出来、圧巻の絶景で 観光地として栄えた時期もあった 自分が子供の頃の昭和50年頃、近所の …

廃墟と噂されるホテル、和歌山七洋園は現役ホテルなのか?寂れゆく和歌の浦

和歌山県和歌山市の和歌の浦にある 廃墟ではないかと噂をされているホテル、七洋園に宿泊予約してみた ここを知ったのは2002年 父の病気の快気祝いに 犬と泊まれる関西近県のホテルで検索したらヒットした …

昭和にあったスーパースライダーに乗ってみたかったが・・ふれあいの丘スポーツパーク和歌山有田川町

和歌山県の有田川町の 国道480号線から橋を渡ったとこにある 道の駅しみず 和歌山県有田郡有田川町大字清水607 その奥に併設される ふれあいの丘スポーツパーク 〒643-0521 和歌山県有田郡有田 …